「外国につながる子ども」の高校進学を考えるフォーラム@神奈川県川崎市

最近、新規来日、日本生まれ、国際結婚、呼び寄せなど、
多様な背景による子どもの多様化・多文化化が進んでいる。

外国籍であっても日本語しか話せない子どももいれば、
日本国籍でも日本語指導が必要な子どももいる。

現在3万人を超える外国人市民が住む川崎市の国際交流センターで、
6月18日、外国につながる子どもたちの高校進学を考えるフォーラムが開かれた。
(主催:多文化活動連絡協議会)

記事はこちら

Similar Posts:

関連記事

  1. 参加者募集:対話セッション:メディアリテラシー教育、哲学教育、多文化教育を探る

  2. 参加者募集:国際化市民フォーラムin TOKYO「多文化共生社会を築くために」

  3. 小学生異文化交流プロジェクトby明海大学

  4. “思い込み”から抜け出そう! LGBTと多様な社会を考える@東京

  5. 参加者募集 シンポ:多文化共生社会の実現に向けた市民性教育と日本語教育について@新潟

  6. 参加者募集:北朝鮮とイラクとの交流活動について知る講演会@東京

  7. イタリア文化会館で、詩で巡るヨーロッパの旅のイベント開催

  8. 多文化、多国籍な人々の共生を考える映画「バベルの学校」

  9. 「インターカルチュラル・シティと多様性を生かしたまちづくり2017浜松」参加者募集中

PAGE TOP