動物と共生するまちづくりを目指す

NPO法人アンビシャス(京都市)は、
人と動物が共生するやさしい社会づくりを目指している。

主な活動としては、高齢者施設などへのセラピードッグの派遣、
保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校・大学、 PTA団体、町内会などで
セラピードッグと共に行う「いのちの大切さ」をつたえる授業など。

また災害時のペット問題への取り組みとして、
同行避難するための、飼い主のマナーや日ごろの準備などの啓発活動、
「ペット共生型防災まちづくり」の講演も行っている。

今、15歳未満の子どもの人数より、ペット数のほうが多くなっている。
しかし、災害時にペットと同行できる避難所は少ないのが現状だ。
ペットの問題も災害時における大きな課題になっている。

詳細はこちらへ