埼玉県から宮城県角田市に移住。農業存続の道切り開く

埼玉県から宮城県角田市に移り住んで23年。
「農業者自身が経営者にならなければならない」という考えの元、地元の農業をけん引するリーダーの一人になった三浦徹さん。

詳細は、河北新報のサイトへ