埼玉県から宮城県角田市に移住。農業存続の道切り開く

埼玉県から宮城県角田市に移住。農業存続の道切り開く

埼玉県から宮城県角田市に移り住んで23年。
「農業者自身が経営者にならなければならない」という考えの元、地元の農業をけん引するリーダーの一人になった三浦徹さん。

詳細は、河北新報のサイトへ

 

Similar Posts:

関連記事

  1. 地域づくり

    シンポジウム「未来につなげる地域づくり」@浜松

  2. 参加者募集:田植え体験・BBQ、田植え結婚式@千葉

  3. 参加者募集:セミナー 農業で食えなかった村が生き残るために行った事業とは@東京

  4. 高千穂ムラたび

    農山漁村コミュニティビジネスセミナー「限界集落が挑戦する未来のムラづくり」

  5. 鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区の地域創生と人づくりについての講演会@立教大学

  6. 参加者募集:コミュニティビジネス・セミナー・グリーン・ツーリズムによる農泊事業

  7. 農村地域が連携してまちづくり 和歌山県田辺市の上秋津地区と長野地区

  8. アイデア募集:高校生対象の2019年度地元再発見コンテスト

  9. セミナー「自然体験活動の効果と地域振興の可能性」@東京

PAGE TOP