埼玉県から宮城県角田市に移住。農業存続の道切り開く

埼玉県から宮城県角田市に移住。農業存続の道切り開く

埼玉県から宮城県角田市に移り住んで23年。
「農業者自身が経営者にならなければならない」という考えの元、地元の農業をけん引するリーダーの一人になった三浦徹さん。

詳細は、河北新報のサイトへ

 

Similar Posts:

関連記事

  1. 学び合いが拓く持続可能な社会「東京コンファレンス」@東京大学

  2. 千葉県佐倉市とイオンが地域貢献協定を締結

  3. 9/27 日経 地方創生フォーラム開催

  4. 大学生が地域活性化のプランを考える@福井県鯖江市

  5. ひのかげ森林セラピーサービス力向上講座@宮崎県

  6. 参加者募集:学生と社会人による対話と思考の場@宇都宮大学

  7. 鹿児島県鹿屋市串良町柳谷地区の地域創生と人づくりについての講演会@立教大学

  8. 募集中:都市と農山漁村をつなぐ活動「第16回オーライ!ニッポン大賞」

  9. 消滅可能性都市を救え「信濃大町Youthサミット2016」

PAGE TOP