多文化、多国籍な人々の共生を考える映画「バベルの学校」

多文化、多国籍な人々の共生を考える映画「バベルの学校」

映画「バベルの学校」は、11歳から15歳の国籍が異なる生徒たちが、同じクラスでフランス語を教わりながら成長していく姿を映し出してくドキュメンタリー。

国籍も宗教も家庭のバックグラウンドも違う十代の生徒たちが、異国の地フランスで、言葉もままならない中で葛藤を抱えて新生活をはじめ、時にぶつかりながらも様々な壁を乗り越えて友情を育んでいくドキュメンタリー。

多文化共生、異文化理解などについて考えさせる内容となっている。

2013年、フランス人、ジュリー・ベルトゥチェリ監督の作品。
同監督は、2003年にカンヌ国際映画祭「国際批評家週間」グランプリを獲得するなど、国際的に活躍している。

予告編

DVD情報

〇上映情報

11月3日(木・祝)
・月島社会教育会館 (東京都中央区)

 詳細はこちら

11月2日(水)、3日(木・祝)
・認可小規模保育施設 もあなこびとのこや(神奈川県 大磯町)

 詳細はこちら
[showwhatsnew]

関連記事

  1. 愛知県国際交流協会

    フェアトレードから世界を学ぶ@愛知県

  2. 世界環境デー月間6月・環境に関する映画の上映キャンペーン

  3. アニメ映画「はちみつ色のユン」上映&原作者トークイベント

  4. オンラインセミナー:コロナ禍における外国人支援と情報提供

  5. 参加者募集:本場イギリスの講師によるドラマワークショップ@岐阜県

  6. 学生がベトナムの幼稚園で調査&交流 by東京家政学院大学

  7. 参加者募集:シンポジウム「日本社会における多文化共生社会実現の壁」@東京神田

  8. 東京ろう映画祭

    東京ろう映画祭@東京渋谷

  9. 高校生が車いすでバリアフリーマップを作る「ブレーメンの調査隊」@東京都世田谷

PAGE TOP