多様な文化背景を持つ人たちが交流するマルチカルチュラル・ミュージアム

東京都美術館では、7月26日~10月2日まで木を素材とした展覧会「木々との対話──再生をめぐる5つの風景」を開催している。

9月22日(木・祝)には、日本語を母語としない
多様な文化背景を持つ人々が一緒にこの展覧会を楽しむマルカルミュージアム(マルチカルチュラル・ミュージアム)を行う。

日本語を使って、作品をみながら話したり、お茶を飲んで語り合ったり、作品の材料に触れたり、コミュニケーションも楽しむ新しい鑑賞スタイルだ。

日時 9月22日(木・祝)13:45 ~16:00
会場 東京都美術館「木々との対話展」、アートスタディルーム
対象 18歳以上、日本語が母語でない方
参加費 「木々との対話展」チケット代

詳細はこちら

また、24日(土)にはワークショップ「みんなで森のいきものになろう!」も開催する
小学生(3年生以上)とその保護者のワークショップで、
展覧会を見た後、木や葉っぱ、枝などの自然素材でオリジナル仮面を作る。

詳細はこちら