東日本大震災を体験した学生が発案した「減災教育キャンプ」by関東学院大学

東日本大震災を体験した学生が発案した「減災教育キャンプ」by関東学院大学

イラストはイメージです

関東学院大学(神奈川県横浜市)は、東日本大震災で被災し、家族と離れて避難場所で過ごした経験を持つ同大学の人間環境学部 4 年の学生の発案で、「減災教育キャンプ」を行う。

このキャンプでは、神奈川県立相模三川公園で被災時の避難生活を疑似体験し、災害時に生き抜くための方法を考えていく。
決まったプログラムのもとで行うキャンプとは異なり、参加者たちが行動のすべてを自分で考えていく。
インフラが寸断され、公的な救助が見込めない非常事態時と同様の状況の中、生き延びるためにはどうすればいいのかを参加者自身が考え、協力しながら2日間を過ごしていく。

神奈川県立相模三川公園の指定管理者、アメニス相模三川グループと、共生デザイン学科の二宮咲子専任講師が2015年からスタートした産学連携共同研究プロジェクトの枠組みのなかで実施される。

日時 10月22日(土)~23日(日)
場所 神奈川県立相模三川公園(神奈川県海老名市)
定員 親子5組 (約15名)
   (関東学院大学人間共生学部の 1 年生約 10 名も一般参加)
費用 大人1000 円 小人 500 円(高校生以下)

詳細はこちらへ

[showwhatsnew]

Similar Posts:

関連記事

  1. 参加者募集:公開講座・エシカル消費について学ぶ@東京丸の内

  2. 参加者募集:食品ロス削減!日本初「無料スーパー」体験ツアー+ランチ@東京都多摩市

  3. 公開シンポ:私たちは、100年後の地球に何ができるか@東京大学

  4. 自然災害及び有事に備えた防災対策セミナー

    「自然災害及び有事に備えた防災対策セミナー」@栃木県宇都宮

  5. 参加者募集:フォーラム・森とまちをつなぐ活動を考える@大阪

  6. 参加者募集:森林里山保全活動に関するシンポジウム@栃木

  7. 芝浦工業大の学生と地元住民が防災遠足@東京都港区

  8. 参加者募集:NPO/NGOにとってのSDGsを考えるフォーラム@東京

  9. 参加者募集:災害時外国人支援研修2018「熊本地震から学ぶ 災害時の外国人支援とは」@横浜

PAGE TOP