社会の課題に向き合う演劇ワークショップ@東京&愛知県豊橋

社会の課題に向き合う演劇ワークショップ

英国を代表する公共劇場、オールド・ヴィック劇場は、演劇作品を発表するだけでなく、社会の課題に向き合う演劇ワークショップを行っている。
学校との創作活動、地域の難民や移民、ニートの青少年、メンタルケアの必要な人たちに対応したプログラムを展開し、その効果が高く評価されている。

今回、同劇場は東京芸術劇場(東京都豊島区)と、穂の国とよはし芸術劇場PLAT(愛知県豊橋市)で、国際演劇交流セミナー2016「英国オールド・ヴィック劇場エデュケーション部門ディレクターによる-社会の課題に向き合う演劇ワークショップ-」を開催する。
主催は、文化庁・一般社団法人日本演出者協会

ワークショップ
・青少年や市民との創作ワークショップ
・特別支援教室の子どもたちとのワークショップ・ファシリテーション
・移民・難民に向けた演劇ワークショップによるアプローチについて
・ストーリーテリング・パフォーマンス
・アンサンブル・ムーブメント

レクチャー
・ヤング・ヴィック劇場&オールド・ヴィック劇場のエデュケーション・プログラム紹介
・クリエイティブなアウトリーチ ~多様な文化的背景を持つ新規参加者を巻き込むには~
・メンタルケアを必要とする参加者のための演劇ワークショップ・ファシリテーション
・ワークショップの評価方法

in 東京 東京芸術劇場
11月21日~27日

in 豊橋 穂の国とよはし芸術劇場PLAT
11月29日~12月1日

詳細はこちらへ

[showwhatsnew]

Similar Posts:

関連記事

  1. 人生の豊かさとは?老夫婦の生活から見つめ直す映画「人生フルーツ」

  2. 演劇公演:戦後、浮浪者の自力更生に奔走した人々の物語@浅草

  3. 障害者アートで国際交流@和歌山県御坊市

  4. 地域創造おん活

    音楽やダンスで地域創造する関係者向けイベント@東京芸術劇場

  5. 地域で本をシェアする「旭どこでも本棚」キックオフイベント@横浜市旭区

  6. クリエーターのインタビュー集:書籍『響く言葉』by東京工科大学

  7. 東京都美術館90周年イベント 美術館の歴史と未来を学ぶ

  8. 欧州博物館フォーラム、社会貢献した博物館を表彰

  9. 参加者募集:対談企画 田中優子氏と松岡正剛氏の「日本問答・江戸問答」@法政大学

PAGE TOP