空き家を改装したコミュニティカフェをオープン

金沢市野々市市の空き家を改装したコミュニティカフェが9月22日(木)にオープンした。
名前は、「2丁目カフェ」。

これは、野々市市本町2丁目町内会、金沢工業大学Toiroプロジェクト、一般社団法人ケアサポートピーナッツが協働で取り組んだ事業。

金沢工業大学建築系課外活動プロジェクトの「Toiro」が、町内会と協力して設計から施工までを行い、カフェの運営は一般社団法人ケアサポートネットワークピーナッツが行っていく。

「2丁目カフェ」は、高齢者や町内の方など様々な年齢層が気軽に立ち寄り、交流する場として開設された。地域活性化につながることをめざしている。
また、カフェとしてだけでなく、町内会の会議やイベント、福祉に関する相談ができる社会福祉事務所としても使われる予定だ。

イメージ

詳細はこちら