日本の高校生はボランティア体験が少ないby 国立青少年教育振興機構の調査

国立青少年教育振興機構は、高校生の安全に関する意識調査報告書
―日本・米国・中国・韓国の比較―を発表した。

日本の高校生は、「けが」や事故の経験が少ない、高い危険回避意識、
野外活動やボランティア活動への参加が少ないなどの調査結果がでた。

詳細はこちら

Similar Posts:

関連記事

  1. 全国外大連合の学生が、平昌オリンピックにボランティアとして参加

  2. 子どもの自殺を防ぐキャンペーンbyフリースクール@福島県

  3. 参加者募集:子ども向けの科学イベントby東京理科大学

  4. とうきゅうキッズプログラム by 東京急行電鉄

  5. 参加者募集:親子向け夏休み企画「みつばちの学校」@東京調布

  6. 参加者募集:イベント・生きづらさを抱える子どもの声を聞く、悠々ホルンさん登場@千葉県我孫子

  7. 冒険遊び場づくり全国研究集会@宮城県仙台市

  8. バリアフリーベビーカー

    「子育ち・子育てバリアフリー教室」@千葉県松戸市

  9. “こどもの想像×大人の本気”イベント「こども美術館」@東京都江東区

PAGE TOP