大手前大学の学生がハンセン病資料の英訳活動@岡山県

大手前大学の学生がハンセン病資料の英訳活動

大手前大学の学生らは、8月8日(月)から12日(金)までの5日間、
国立ハンセン病療養所「長島愛生園」(岡山県瀬戸市)の
園内資料の英訳活動を行う。

ユネスコ世界遺産登録を目指す活動で、
昨年に続いて2回目となる。
学生らは資料館や歴史館を見学したり、
園内を実際に歩き、元患者の方々との交流を通し、
資料を収集して英訳活動する。

日時 8月8日(月)~12日(金)
場所 長島愛生園(岡山県瀬戸内市邑久町虫明6539)

詳しくはこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. NPOの組織運営について学ぶフォーラム@東京

  2. 参加者募集:講演会「地域の看護力を活かす-認知症当事者・家族の語りを看護の力に-」@滋賀県立大学

  3. 企画展「リアル?バーチャル?未来へ飛び出せ 3D」@東京農工大学 科学博物館

  4. 企業×NPO協働コーディネート入門講座@横浜市

  5. パラグアイの農村女性や子どもを支援するための研究/実践:国際シンポジウム&ワークショップ

  6. 公開講演会「7年目の福島-いま、私たちが考えなければならないこと」@成蹊大学

  7. 東京2020を盛り上げるためにできること「第10回地域フォーラム」@目白大学

  8. 公開シンポジウム『わかってよ 健常者! 障がい者の本当の気持ち』@東京新宿

  9. 参加者募集:人生100年時代ライフ&FPを考える講演会@東京丸の内

PAGE TOP