大手前大学の学生がハンセン病資料の英訳活動@岡山県

大手前大学の学生がハンセン病資料の英訳活動

大手前大学の学生らは、8月8日(月)から12日(金)までの5日間、
国立ハンセン病療養所「長島愛生園」(岡山県瀬戸市)の
園内資料の英訳活動を行う。

ユネスコ世界遺産登録を目指す活動で、
昨年に続いて2回目となる。
学生らは資料館や歴史館を見学したり、
園内を実際に歩き、元患者の方々との交流を通し、
資料を収集して英訳活動する。

日時 8月8日(月)~12日(金)
場所 長島愛生園(岡山県瀬戸内市邑久町虫明6539)

詳しくはこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 広島原爆ドーム

    「3.11から6年、いま、広島と出会い直す」フォーラムin広島

  2. 参加者募集:講座「氾濫する情報の接し方」@立正大学

  3. 日本財団CANPANプロジェクト

    シンポジウム「日本の市民社会とこれからの草の根活動を考える」@東京

  4. 参加者募集:家庭力セミナー「こんなはずじゃなかった」夫婦・親子の関係性@東京足立

  5. 企業を取り巻く人権などの社会課題を考えるセミナー

  6. 講演「日本で唯一の畑ガイドが案内するガイドツアー会社」@東京

  7. 働き方改革フォーラム@昭和女子大学

    働き方改革フォーラム@昭和女子大学

  8. オンライン講座:要点を「ヒトコト」にまとめる話し方

  9. 「本で婚活、GO」@山陽小野田市立中央図書館

PAGE TOP