大手前大学の学生がハンセン病資料の英訳活動@岡山県

大手前大学の学生がハンセン病資料の英訳活動

大手前大学の学生らは、8月8日(月)から12日(金)までの5日間、
国立ハンセン病療養所「長島愛生園」(岡山県瀬戸市)の
園内資料の英訳活動を行う。

ユネスコ世界遺産登録を目指す活動で、
昨年に続いて2回目となる。
学生らは資料館や歴史館を見学したり、
園内を実際に歩き、元患者の方々との交流を通し、
資料を収集して英訳活動する。

日時 8月8日(月)~12日(金)
場所 長島愛生園(岡山県瀬戸内市邑久町虫明6539)

詳しくはこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. ニュースサイト「知の世界地図」オープンby京都産業大学

  2. NPOフォーラム

    NPOフォーラム「新しい価値観をつくる」@東京

  3. 参加者募集:食品ロスを支援に変える「無料スーパー」体験ツアー@東京多摩市

  4. 参加者募集:公開シンポジウム「人が育つということ」@大谷大学(京都市)

  5. 公開講座で中国を学ぶ@成蹊大学

  6. 学習院大学が豊島区との協働公開講座を開催

  7. 支援募集中:クラウドファンディング「子育て家族のためのマップ作り」@東京府中

  8. シンポジウム『メディアで起き始めた#Me Too  声をあげられる社会をつくるために』@東京

  9. 【特別寄稿】「生きること・学ぶこと」 L&Cプランニング・スタジオ代表 中村好江さん

PAGE TOP