子どもたちが「感じる」「考える」「表現する」を体験するワークショップ

子どもたちが「感じる」「考える」「表現する」を体験するワークショップ

五感で感じ、楽しく体験するイベント「ワークショップ×ワークショップedu」が開催される。
主催は、立川文化芸術のまちづくり協議会ワークショップ×ワークショップ実行委員会。

子どもたちが自分の目で見、自分の頭で考え、自分の身体で体感するワークショップとなっている。

主な内容
・立川の歴史と文化に関する11の問題を解いてわが町の一端を知る
・透明な容器にいろんな物を詰めて、ブンブン回せる宝箱を作る
・ガス管のリサイクルでオリジナルペンダントを作る
・1/100サイズの小さな紙模型を作る
・音を出してサンバのリズムを体験
・新体操を体験

参加団体
武蔵野美術大学芸術文化学科米徳ゼミ
ZOKEI Eduet東京造形大学 小林ゼミナール
国立音楽大学打楽器研究室
東京女子体育大学、東京女子体育短期大学
実践女子大学文学部 美学美術史学科
学術・文化・産業ネットワーク多摩 多摩武蔵野検定事務所
東京ガス株式会社多摩支店
福永紙工株式会社 

日程 11月12日(土)
場所 立川市子ども未来センター(東京都立川市)

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 大学と地域が連携して開催:子どもたちが社会の仕組みを学ぶイベント

  2. 地域の居場所づくりサミット「食を通して育む“みらいを生きる力”」@東京

  3. 「夏休み☆みんなでつくる遊空間」を開催@東大和市立中央公民館

  4. 親と子の共に育つ場づくり講座@神奈川県

  5. 「いじめ」の現状、いじめる側の心理、対処法を考えるシンポジウム@聖学院大学

  6. チャンス・フォー・チルドレン(CFC)

    子どもの貧困・教育問題を考えるセミナー@東京

  7. 子育てママのプチ就業!お仕事ワークショップ@埼玉

  8. 映画紹介:子ども食堂を描いた「こどもしょくどう」

  9. 夏休み明けの子どもたちに向けたプロジェクト byフリースクール全国ネット

PAGE TOP