レポート:東京国際ブックフェア開催 “本”の魅力は進化してる

第23回東京国際ブックフェア開催
“本”の魅力は進化してる!

9月23日(金)~25日(日)、第23回東京国際ブックフェアが東京ビッグサイト西展示棟(東京都江東区)で開催された。(主催:東京国際ブックフェア実行委員会・リードエグジビションジャパン株式会社)

昨年までの7月開催にかわって今年は9月開催となった。また、昨年まで「国際電子出版EXPO」と併催していたが今年は、「東京国際ブックフェア」単独開催。
さらに、これまでの書籍の受発注、版権取引などの商談や読者への直接販売を行う日本最大の「本」の見本市というコンセプトが、今年は「読者向けイベント」と変更された。
23回目となった今年、世界20か国470社が出展し、約4万人が来場した。

面白かったブースなどを紹介します。

子どもの遊び場

子どもの遊び場

○こども向けの本など
児童書共同ブースでは、31の出版社の本が紹介されていた他、2割引きで販売するコーナーも。多くのお客さんでにぎわっていた。

「こどもの遊び場」では、多世代あそび、遊びながら防災を学ぶ防災ワークショップ、まちあそびなどを紹介していた。

ペーパークラフトの体験コーナー

ペーパークラフトの体験コーナー(小学館)では、親子がティラノサウルス作りを楽しんだ。本を読むだけでなく、体験することにつながる書籍をアピールしていた。

 

 

個人で自費で出展していた「すぷうんおばちゃん」こと飯塚さん(写真)。教職を辞めて、現在は「和式トイレの使い方」「そうきんの使い方」「ほうきの使い方」などの紙芝居を、幼稚園、保育園の先生のために手作りで制作し、指導法を伝えている。ブースでは、自作の紙芝居を紹介していた。

個人で自費で出展していた「すぷうんおばちゃん」

続きを見るときはここをクリック

[showwhatsnew]

Similar Posts:

関連記事

  1. 活動報告:すぷうんおばちゃん、日本保育学会で発表@大妻女子大

  2. 女性起業家のマルシェ“すぷうんおばちゃん”も出展@静岡県藤枝市

  3. 独自のスプーンで、鉛筆の持ち方を教える“すぷうんおばちゃん”

  4. 参加者募集;子どもの手先の器用・不器用を考えるセミナー@神奈川逗子市

  5. 活動報告「FUJICOフェスタ2019」に参加

  6. フォトレポート:“すぷうんおばちゃん”飯塚さんが産業祭に出展@静岡県藤枝市

  7. 動画公開:すぷうんおばちゃんの三角スプーンの使い方

PAGE TOP