立正大学は、11月5日(土)に第12回法学部・法制研究所シンポジウム「スポーツとジェンダー~女性アスリートが輝く社会に向けて」を開催する。

世界で女子スポーツ選手が活躍するなか、女子選手と男性指導スタッフの軋轢問題や、同じスポーツでも女子選手が男性選手と同じサポートを受けられないなどの問題もある。

イラストはイメージです。

シンポジウムでは、性別に起因するスポーツ界における問題の現状を、女子オリンピック代表選手や女子チームの指導スタッフ経験者など、女子スポーツの関係者の視点から指摘。スポーツ界および社会がどのように対応していくべきなのかを、ジェンダーの観点から考えていく。

主な内容
基調講演
山口 香氏(筑波大学准教授、日本オリンピック協会理事、同女性スポーツ専門部会部会長、全日本柔道連盟女子強化委員、ソウル五輪日本女子柔道52kg級銅メダリスト)

パネル・ディスカッション
・中村 順氏(大宮アルディージャ育成部長、元日本女子代表コーチ、元U23日本女子代表監督)
・坪内 瞳氏(元ノースレイア(女子プロ野球チーム)監督、日本大学女子硬式野球部監督)
・宮崎善幸氏(立正大学ラグビー部女子ラグビーヘッドコーチ、女子セブンズ日本代表S&Cコーチ)
・落合久夫氏(東京都バドミントン協会副理事長)

日時 11月5日(土) 14時~17時
場所 立正大学熊谷キャンパス(埼玉県熊谷市)
入場無料 申し込み不要

詳細はこちらへ