「プラチナ大賞」地域の課題解決に向き合っている活動が表彰される

プラチナ構想ネットワークは、イノベーションによる新産業の創出や、アイディア溢れる方策によって地域の課題を解決し、「プラチナ社会」の目指す社会の姿を体現している、または実現しようとしている全国各地の取り組みを表彰する「プラチナ大賞」の受賞者を発表した。

大賞 総務大臣賞
・幸雲南塾(島根県雲南市)
若者チャレンジによる持続可能なまちづくりへの挑戦。
地域で学びと実践の機会を繰り返すことを通して、地域の未来を切り拓いていく人材を育成している。
詳細はこちら

大賞 経済産業大臣賞
・コマツ、石川県、石川県森林組合連合会
地産地消型バイオマス利活用の推進と地方創生。
地産地消型バイオマスを核として森林資源を賢く活用し、地域の林業サイクルを大きく育て、地方を元気にしていく活動に取り組んでいる。
詳細はこちら

プラチナ社会
「課題解決先進国」として日本が目指すべき社会
詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 参加者募集:コミュニティカフェ1day実践講座@東京

  2. 書籍紹介:大学とまちづくり・ものづくり-産学官民連携による地域共創-」芝浦工業大

  3. 全国会議「問われる民間の力 ~地域と国際の視点から考えるこれからの社会~」by日本NPOセンター

  4. 開催報告:講座「始めよう!ゼロからの場づくり」@横浜青葉区

  5. 参加者募集:地域の居場所を考えるイベント@宇都宮

  6. 地域の課題が分かる【あいち「見える化」ウェブ】@愛知県

  7. 東雲運河でカフェ&クルーズ 学生とロボットの多言語ガイド付by芝浦工大

  8. 参加者募集:セミナー「サテライトオフィスは、農山漁村に人と仕事と活気を呼ぶ」@東京

  9. 居場所コーディネーター養成講座@神戸

PAGE TOP