オリパラに向けてまちづくりを考える「調布アイデアソン・ハッカソン」

東京都調布市では、2019年味の素スタジアムで「ラグビーワールドカップ」が、2020年には「武蔵野の森総合スポーツ施設(仮称)」で複数の競技が開催される予定だ。

そこで、「ラグビーW杯やオリパラに市民の誰もが『自分が関わった』と思えるまちをつくろう!』をテーマに「調布アイデアソン・ハッカソン『オリパラ×?=まち元気情報!」が開催される。
主催は、調布地域情報化推進協議会メンバー有志による実行委員会。

同イベントでは、世界的なイベントを調布のために生かすアイデアを参加者で出し合い、実現方法を考える。
ハッカソンは、通常はソフトウェア開発だが、同イベントではソフトウェアに限らないさまざまなアイデアを考えていく。

アイデアソンとは: アイデアとマラソンを合わせた造語。与えられたテーマについてチームでアイデアを出し合い、まとめていくイベント。

ハッカソンとは: 広い意味でソフトウェアのエンジニアリングを指すハックと、マラソンを合わせた造語。
もともとプログラマーやデザイナーが与えられた時間の中で、ソフトウェアの開発、改良を行い、最後にプレゼンするイベントだった。
最近は、IT関係だけでなく各種団体のイベントに、新しいサービスや商品を開発する手法として取り入れられている。

日程 11月12日(土)、13日(日)
場所 国立大学法人 電気通信大学(東京都調布市)
定員 200名(申し込み順)
参加費 無料

詳細はこちら

Similar Posts:

関連記事

  1. 参加者募集:地域連携フォーラム、地域資源の活用事例報告など@千葉商科大学

  2. 大学生・高校性が「まちの課題解決・活性化」のアイデア出し形にするイベント「ハッカソン」@愛知県

  3. 全世代が支えあうコミュニティを目指す凛童舎@千葉県船橋市

  4. 参加者募集:地域フォーラム「スポーツで社会は変わるのか」@目白大学

  5. すぎなみ塾おとな塾

    2025年の地域と自分を考える講座@東京都杉並区

  6. 公開講座「コミュニティ・カフェって何だろう?」@横浜市青葉区

  7. フォーラム「生涯学習・社会人教育と大学の役割」@千葉商科大学

  8. 参加者募集:講座「始めよう!ゼロからの場づくり」@横浜青葉区

  9. アクティブラーニング体験会

    「住民が動いたまちの経験から考える市民力」アクティブラーニング体験会

PAGE TOP