「体験型難民ワークショップ」@青山学院大学(東京)

青山学院大学ボランティア・センターは、11月14日(月)に「体験型難民ワークショップ」を開催する。

認定NPO法人難民支援協会と連携して、難民に関するグループワークやレクチャーを行う。参加した学生には特典として、後日学食でM4R*のメニューを無料で食べられる引換券を配布する。

レシピ本「海を渡った故郷の味」

*M4Rとは
難民支援協会が出版したレシピ本「海を渡った故郷の味」から生まれた社会貢献活動。
日本にやってきた難民の家庭料理を大学の学食メニューに導入。食べることを通じて難民を知り、1食20円を難民に寄付する取り組み。
4年目となる今年も、10カ所の大学で実施する。

青山学院大学では、パキスタン料理の「まろやかチキンカレー」、牛挽き肉のスパイシー炒め(カチン料理)、カレンのココナッツミルク白玉(カレン料理)を販売する。

詳細はこちら

Similar Posts:

関連記事

  1. 連続公開講座「LGBTをめぐる法と社会 — 過去、現在、未来をつなぐ」@中央大学

  2. イスラム女性の美容院を考える子ども向けワークショップ

  3. 学生がベトナムの幼稚園で調査&交流 by東京家政学院大学

  4. 「豪州多文化主義政策交流プログラム」参加者募集byCLAIR

  5. イタリア文化会館で、詩で巡るヨーロッパの旅のイベント開催

  6. 留学生・学生が企画した国際交流フェスタ「Asia Week」@立命館大学

  7. 「外国につながりを持つ子どもたちへの学習支援」研修by全国市町村研修財団

  8. 2/11 第8回はままつグローバルフェア@浜松市

  9. 全国各地の多言語対応事例集のサイト

PAGE TOP