古民家を利用して登録制の村民を募集する「シェアビレッジ」

誰でも「年貢(NENGU)」と呼ばれる年会費3,000円を払えば村民になれるのが「シェアビレッジ・プロジェクト」で、株式会社kedama(秋田県)と、ハバタク株式会社(東京都)が行っているまったく新しい地域再生プロジェクト。

sharevi「村があるから村民がいるのではなく、村民がいるから村ができる」という考えのもと、消滅の危機にある古民家を村に見立てて再生させようという試みだ。

村民になると自分の好きな時に自分の村へ行き、田舎を体験したり、村民同士で楽しんだり、 古民家に宿泊できる。

また、村に何度も行かれない人のために、村民と交流できる飲み会「寄合(YORIAI)」が都市部で開催される。

現在、秋田県南秋田郡、五城目町の町村と、香川県三豊市仁尾町の2カ所で行われている。

詳細はこちら

Similar Posts:

関連記事

  1. 高千穂ムラたび

    農山漁村コミュニティビジネスセミナー「限界集落が挑戦する未来のムラづくり」

  2. 参加者募集:講演「秋田県大館市の農家女性のグリーン・ツーリズム」@東京

  3. 参加者募集:学生と社会人による対話と思考の場@宇都宮大学

  4. 参加者募集:講演「村は無くなっても、村はある!小さな村のあば村宣言」岡山県津山市

  5. 全国過疎問題シンポジウム2017inさが

  6. 地域連携映画

    日本映画大学による地域連携映画上映会@山梨県西八代郡

  7. 地方創生

    移住・田舎暮らし情報のwebマガジン

  8. まちむらリレーション市民交流会議@静岡文化芸術大学

  9. 開催報告:セミナー「めざそう空き家ゼロ」の農山漁村の活動から学ぶ/岐阜県恵那

PAGE TOP