古民家を利用して登録制の村民を募集する「シェアビレッジ」

誰でも「年貢(NENGU)」と呼ばれる年会費3,000円を払えば村民になれるのが「シェアビレッジ・プロジェクト」で、株式会社kedama(秋田県)と、ハバタク株式会社(東京都)が行っているまったく新しい地域再生プロジェクト。

sharevi「村があるから村民がいるのではなく、村民がいるから村ができる」という考えのもと、消滅の危機にある古民家を村に見立てて再生させようという試みだ。

村民になると自分の好きな時に自分の村へ行き、田舎を体験したり、村民同士で楽しんだり、 古民家に宿泊できる。

また、村に何度も行かれない人のために、村民と交流できる飲み会「寄合(YORIAI)」が都市部で開催される。

現在、秋田県南秋田郡、五城目町の町村と、香川県三豊市仁尾町の2カ所で行われている。

詳細はこちら

関連記事

  1. 地方創生

    移住・田舎暮らし情報のwebマガジン

  2. 参加者募集:田植え体験・BBQ、田植え結婚式@千葉

  3. アイデア募集:高校生対象の2019年度地元再発見コンテスト

  4. 夢の音村「森の公民館」

    ビジネスセミナー「音楽を通じて地域を活性化」@島根県浜田市

  5. 募集中:都市と農山漁村の交流を盛んにする活動「オーライ!ニッポン大賞」

  6. 参加者募集:講演「村は無くなっても、村はある!小さな村のあば村宣言」岡山県津山市

  7. 空き家を利用した地域との交流会@関東学院大学

  8. 農山漁村の魅力を伝える総合情報サイト「里の物語」オンラインショップも開始

  9. 開催レポ:女性だからできた!講演「秋田の農家女性グリーン・ツーリズム」

PAGE TOP