映画館以外で、映画を共有する「場」をつくろうという動きが広がってきている。
市民の自主上映会は、映画を共有することで生まれるコミュニティーとしての機能、市民発の企画の過程で育まれる主体性など、新しい可能性も秘めている。

イラストはイメージ

自民上映会を体感し、市民上映会について学ぶイベント、「未来を創る映画館展」が開催される。企画はユナイテッドピープル(株)。
主催は、公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト。

イベント1 「市民上映会を体感しよう」
映画上映、特別ゲストによるトークや交流会。

上映作品
『ヴィック・ムーニーズ―ごみアートの奇跡』
『ジェンダー・マリアージュ―全米を揺るがした同性婚裁判』
『それでも僕は帰る―シリア 若者たちが求め続けたふるさと』
『ザ・トゥルー・コスト―ファストファッション 真の代償』

イベント2 「未来の映画館」創造セミナー
第1回 1月22日(日)「市民上映会」基礎知識

第2回 1月29日(日)映画上映が社会に与える影響について考える

第3回 2月4日(土)市民上映の先輩に学び、自分の「映画館」を設計する

第4回 2月12日(日) 最終発表

会 期: 1月14日(土) – 2月12日(日)
入場料: 無料
会場 トーキョーワンダーサイト本郷(東京都文京区)
申込み制

詳細はこちらへ