<社会教育のポータルサイト> ★みんなが幸せになるような情報を発信しています★

フィリピンと日本の青少年向け演劇ワークショップ

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

ゲームでうちとける

みんなでゲームを楽しむ(クリックで拡大)

 参加したフィリピン人の子どもたちは、ある程度の日本語力はあるが、すらすらと思ったように日本語を話せるわけではない。英語が流暢な子もいるが、英語もそれほど得意でない子もいる。
 言葉が思ったように通じないため、朝日大学の学生は、最初は戸惑いがあったようだ。それでもゲームが始まると、場はすぐに和やかになっていった。

 輪になって両手で誰かを指すゲーム、「7」まで動きと共に数えるゲームなどをやっていく。「あー」と長く言い続けるゲームでは、誰が一番長く言い続けられるかを競った。競い合うことで集中が高まる。

 ゲームひとつひとつは単純で、夢中でゲームを楽しんでいるうちに、初対面の子どもたちを隔てる“壁”はなくなっていった。

合宿所では、協力して夕飯を作った(クリックで拡大)

ファシリテーターも食事しながら交流(クリックで拡大)

重たい物を持ち上げる演技をする(クリックで拡大)

自分を表現すること
 
 ゲームの後は、ジェスチャーのようなワークを行った。べとべとした物を隣の人に渡す演技や、重たいものを持ったふりをして隣の人に渡したり、スカーフを赤ちゃんに見たてて抱いたり。想像しながら動いていった。

 想像力を使って遊んでいくうちに、ひとりひとりのキャラクターが自然と表に出されていく。ちょっと恥ずかし気に動く子、大袈裟に動いて笑いをとる子。それぞれの個性が見えてくる。
 演技という行動は、架空の事柄を演じながらも、それぞれのキャラクターがでる。それぞれの個性が、みんなの前に引き出されていった。

パーソナルな話に突入

 ゲームなどで遊んだ後、さつき教室の子と学生が混ざるように4、5人のグループに分かれた。それぞれが持ってきた思い出の「物」について、グループで話し合った。

思い出の物について話し合う(クリックで拡大)

 写真、帽子、野球のボール、習字の筆、大学で相撲をやっている学生はまわしなど。いろんな物についてそれぞれが思い出を語っていった。「物」を通して、自然とパーソナルな事を話し合っていった。

 例えば、野球の試合で活躍したこと、家族で食事をしたこと、習字のことなど。
 思い出には感情が伴う。彼らはパーソナルな話を共有することで、さらに親近感を深めていった。

思い出を演じる

 続いて、グループの中から思い出話をひとつ決めて、3つのシーンを作る。さらに、3つのシーンをつなげてセリフをつけて思い出物語を作った。

思い出を演じていく(クリックで拡大)

 野球の思い出なら、ピッチャーが投げて、バッターが打ち、勝った後みんなで喜んでいるところを演じるといった具合に。

 言葉が通じないところは、身振り手振りを使い、子どもたちは一緒になって思い出物語を作り、演じていった。今回のワークショップで、一番演劇っぽい内容だった。

難しさが見えたら、すぐに軌道修正

 全体的にはスムーズに事は進んだが、すべてがうまくいったわけではなかった。思い出の物について話していたときのこと。フィリピンの女の子がスマホにある父親の写真を見せると、突然泣きだしたのだ。お父さんは母国にいて、なかなか会えないらしい。すぐに隣にいた同国の男の子がなぐさめて収まったが。

思い出の話を共有する(クリックで拡大)

シャロンさんは「大丈夫よ」と彼女を慰めると、その話を蒸し返さず、自然と先に進めていった。大袈裟にしないで進めていくことが大事なのだろう。

 また、初日の午前中、スチュワートさんが「今怒っていることを1分間で告白しよう」と提案した。

 ところが、みんなの前に出たフィリピンの女の子は、何を話していいのか分からず沈黙してしまう。彼女にとって怒っていることを公言することは、難しかったのだろう。みんなも静まり返ってしまう。

 スチュワートさんは、すぐに「ミステークだったね」といい撤回。かわりに簡単な動きの遊びをやっていた。

合宿所でも夕食後にワークショップは行われた(クリックで拡大)

 いろいろな背景を持つ子どもたちを相手にしているだけに、どんなリアクションがあるのか予想することは難しい。ファシリテーターのふたりは、子どもたちの様子を見ながら見事に軌道修正、その場に合うワークに変えていった。

 その場に応じて柔軟に修正するためには、いろんな引き出しを持っていなければならない。経験と知識、アイデア、すべてを持っていないと対処できないだろう。

 今回のワークショップのコーディネーターを務めた田室寿見子さんは「答えを決めてやる人もいるが、その方法だとうまくいかないです」と語っていた。子どもたちそれぞれが自分の船を漕いでいけるように、流れを見ながら応援していく感じだろうか。

3ページに続く

Similar Posts:

6月5日UP:第13回「お金の不安」編 その3「せつやく」

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

過去の投稿

Twitter

  • 空前の「猫ブーム」の裏に隠れた残酷な真実 後悔なく猫を飼うにはどうすればいいか? | ペット - 東洋経済オンライン https://t.co/dk0VwlgQTn @Toyokeizaiさんから
    about 1日 ago
  • 公開シンポジウム「人が育つということ」@大谷大学(京都市)、7月8日、荒瀬克己(大谷大学教授)、木越 康(大谷大学長) #大谷大学  https://t.co/cDLowMi5hB
    about 2日 ago
  • 参加者募集「21世紀の生涯学習~『人生100年時代』の新たな学びのかたち」、7月16日、敬愛大学、#学び直し 、社会人の #リカレント教育 #アクティブシニア   https://t.co/wyFWaVJouP
    about 3日 ago
  • RT @pdatwpw: 【ご報告】RPGエンターテインメントに所属した事が2件の記事に取り上げられました。人生初のニュースが悪いことじゃなくて良かった…笑 みんなの太陽になれるように頑張るので応援宜しくお願い致します。https://t.co/WFsVaicE7O http…
    about 3日 ago
  • 【SYNODOS】世界はフェイクニュースにどう立ち向かうか――諸外国のメディアリテラシー教育から学ぶ/耳塚佳代 / ライター https://t.co/43sVnzgsYk
    about 4日 ago