ミュージアム・図書館×高齢者福祉を考えるイベントwithロボット

高齢者福祉 川崎市市民ミュージアム(神奈川県)は、市立図書館等での高齢者福祉に関する活動報告と資料の活用をみんなで考えるフォーラムとワークショップを開催する。
 タイトルは、「みんなで考える『ミュージアム・図書館・文化芸術×福祉がひらくユニバーサルな未来』フォーラム&ワークショップ」。

 ワークショップでは、今話題のロボット、Pepperがお手伝い。
 高齢者福祉の中で、生涯学習施設が持つ「資料・専門性」に「ロボット」をかけあわせたら、どんな未来が開けるか?

内 容
第1部 フォーラム
・川崎市の地域包括ケアシステムと認知症施策について
・「認知症の人にやさしい小さな本棚」とともに私たちができること
・ミュージアムと高齢者福祉の境界を越えていく:回想法体験講座による貸出ツールの開発
・英国の事例でみるアートと高齢社会

第2部 ワークショップ
・フォーラム参加者によるグループワーク
 (グループワークでは、資料×福祉×ロボット(Pepper)を組み合わせることによって、何ができるのか、実証実験を行う)

日時 3月12日(日)14:00~16:30
会場 中原区役所5階501会議室
   (神奈川県川崎市中原区)
参加費無料(申込制)

申込&詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 参加者募集:講座「多様化する“介護移民”」@清泉女子大

  2. 参加者募集:知って得する『健康』『終活』セミナー@東京調布

  3. 参加者募集:シンポ「新しい時代におけるコミュニティのSDGs」シニア社会学会

  4. 2025年超高齢化社会に向けて福祉の社会化を考えるフォーラム@栃木県

  5. 高齢者と住民がふれあう「地域交流ホームふれて」@北広島市

  6. 第24回「 老後資金」対策: 年金を増やす方法とは

  7. 参加者募集:講座「人生100年時代、あなたはどう生きる?」@東京

  8. 参加者募集:認知症サポーターが活躍する“認知症カフェ”について学ぶ講座

  9. 大学の地域活動:高齢者住宅で看護学部お助け隊by京都橘大学

PAGE TOP