カンボジアから来た元難民女性の講演@東京外国語大学

 1974年に国費留学生としてカンボジアより来日したペン・セタリンさんは、ポルポトの政変により難民となった。
 その後、家族を日本に呼び寄せ、85年にレストランをオープン。店の仕事のかたわら、通訳や翻訳の仕事を始め、並行してカンボジア語→日本語の辞典を作る仕事にも着手した。
 2010年には、法政大学大学院国際日本学インスティテュートで博士号取得。現在、プノンペン王立大学言語学部教授および東南アジア文化支援プロジェクト代表を務めている。

 今回セタリンさんは、日本社会でカンボジア難民として生活してきた経験や、カンボジアと日本の関係などについて講演する。主催は、東京外国語大学留学生日本語教育センター。

 セタリンさんは、昨年11月、「女性自身」誌に紹介されている。
「女性自身」誌の記事へ

市民講演会 元日本政府国費留学生が語る最前線 
「カンボジアと日本 過去と未来ーカンボジア難民の経験を通して-」

日時 3月11日(土)14:00-15:40
会場 東京外国語大学留学生日本語教育センターさくらホール(東京都府中市)
参加費無料

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 共生社会の実現を目指して!大型人権啓発イベント 「ヒューマンライツ・フェスタ東京2016」開催

  2. 参加者募集:国際化市民フォーラムin TOKYO「多文化共生社会を築くために」

  3. イスラム女性の美容院を考える子ども向けワークショップ

  4. 国際協力NPO

    イベント「NPO創立者と考える!みんなで広げる国際協力のはじめの一歩」@東京

  5. 参加者募集:イラクのお茶を楽しみながら交流する“イラクカフェ”@東京上野

  6. 「多文化子ども教育フォーラム」日本で暮らすムスリムの子どもたち@静岡県浜松市

  7. 上映会:外国につながる青少年のドキュメンタリー映画「Journey to be continued」…

  8. 参加者募集:13年続くダイバーシティ&インクルージョンな「下町ディスコ」訪問@東京

  9. 参加者募集:公開講座「障がいと笑い」コント集団「エムズトリック」も登場

PAGE TOP