外国につながる青少年のドキュメンタリー映画上映会@岐阜県可児

外国ルーツの青少年

可児市国際交流協会(岐阜県)が製作した可児の外国につながる青少年のドキュメンタリー映画「Journey to be continued(続きゆく旅)」が、初上映される。

この作品では、日本文化を持たない青少年が学校や社会で直面する戸惑いや困難な課題、彼らをサポートする協会や教育者たちの葛藤などが描かれている。

多文化共生、ダイバーシティなど、さまざま言葉が行きかう中、これから日本が向き合うべき多様な人々との共生のあり方について、改めて考えさせる内容となっている。

監督は、美術家で、イミグレーション・ミュージアム東京(東京都足立区)の主宰でもある岩井成昭氏。
昨年秋、岩井氏は岐阜県に約1か月滞在し、独自のアプローチで製作した。
 
ドキュメンタリー映画「Journey to be continued(続きゆく旅)」
上映会&意見交換会

日時 3月29日(水)
   14時30分 上映開始
   15時30分 上映終了
   15時40分 意見交換会開始
   17時    終了
会場 <上映> 可児市文化創造センター 映像シアター(岐阜県可児市) 
   <意見交換会> 同センター内
 
参加費無料

詳細はこちらへ

NPO法人可児市国際交流協会のサイト

●関連情報
フィリピンと日本の青少年向け演劇ワークショップ@岐阜県可児市
レポートはこちらへ

関連記事

  1. 参加者募集:国際化市民フォーラムin TOKYO「多文化共生社会を築くために」

  2. 国際協力NPO

    イベント「NPO創立者と考える!みんなで広げる国際協力のはじめの一歩」@東京

  3. レポート:障害特性をアートに換えて生きる@東京銀座

  4. 学生がベトナムの幼稚園で調査&交流 by東京家政学院大学

  5. 留学生・学生が企画した国際交流フェスタ「Asia Week」@立命館大学

  6. 共生社会の実現を目指して!大型人権啓発イベント 「ヒューマンライツ・フェスタ東京2016」開催

  7. 緊急オンライン上映:食品ロスを考える映画「もったいないキッチン」

  8. セミナー「多様化する留学生と日本の国際貢献」@JICAプラザ東北

  9. 書籍紹介:演劇ワークショップでつながる子ども達–多文化・多言語社会に生きる

PAGE TOP