災害時の食の備えを学ぶ/備蓄・非常時の調理法など@昭和女子大学

防災災害時食事 昭和女子大学(東京都世田谷区)現代ビジネス研究所の研究チームは、大規模震災に水道・電気・ガスが止まったとき、自宅で日常に近い料理を作る方法や、役に立つ備蓄食材などについて研究している。

 同研究所は、熊本地震の発生から1年となる4月14日に、「首都直下型地震発生時の食事について~日常の食料の備蓄・非常時の調理法~」というイベントを開催する。

概 要
第1部パネルディスカッション「過去の震災に学ぶ、平常時からの食の準備」
●コーディネーター 矢代晴実 氏 防衛大学校・教授
●パネリスト
 志村有司 氏   元世田谷区総合支所 地域振興・防災担当係長
 小林陽子 氏   NPO法人健康フォーラムけやき21理事
 松沼彩子 氏   アサヒグループホールディングス株式会社CSR部門
 古田土俊男 氏   昭和女子大学現代ビジネス研究所特別研究員
 
第2部 調理実演「災害時の調理テクニック」
 学生と研究員により調理の実演

日時 4月14日(金)18:30~
会場 昭和女子大学 学生食堂ソフィア
   (東京都世田谷区)
参加費無料
定員 70名、先着順に受け付け

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 旅館の女将から”おもてなしの心と観光学”を学ぶ@東京女子大学

  2. 新刊「知っておきたいNPOのこと【参加編】

  3. NPOフォーラム

    NPOフォーラム「新しい価値観をつくる」@東京

  4. 参加者募集:公開シンポジウム「人が育つということ」@大谷大学(京都市)

  5. ニュースサイト「知の世界地図」オープンby京都産業大学

  6. 公開講座で中国を学ぶ@成蹊大学

  7. 参加者募集:企画展示「3D模型と獣医学教材」&子ども教室「骨を遊ぼう」

  8. 有機園芸、女性の生き方についての講演、コンサートなど恵泉女学園大学で地域イベント

  9. アジアの未来のために青年は何ができるか「アジア未来サミット」@日本青年館

PAGE TOP