災害時の食の備えを学ぶ/備蓄・非常時の調理法など@昭和女子大学

防災災害時食事 昭和女子大学(東京都世田谷区)現代ビジネス研究所の研究チームは、大規模震災に水道・電気・ガスが止まったとき、自宅で日常に近い料理を作る方法や、役に立つ備蓄食材などについて研究している。

 同研究所は、熊本地震の発生から1年となる4月14日に、「首都直下型地震発生時の食事について~日常の食料の備蓄・非常時の調理法~」というイベントを開催する。

概 要
第1部パネルディスカッション「過去の震災に学ぶ、平常時からの食の準備」
●コーディネーター 矢代晴実 氏 防衛大学校・教授
●パネリスト
 志村有司 氏   元世田谷区総合支所 地域振興・防災担当係長
 小林陽子 氏   NPO法人健康フォーラムけやき21理事
 松沼彩子 氏   アサヒグループホールディングス株式会社CSR部門
 古田土俊男 氏   昭和女子大学現代ビジネス研究所特別研究員
 
第2部 調理実演「災害時の調理テクニック」
 学生と研究員により調理の実演

日時 4月14日(金)18:30~
会場 昭和女子大学 学生食堂ソフィア
   (東京都世田谷区)
参加費無料
定員 70名、先着順に受け付け

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 「ソーシャルビジネスを、本当の事業に」Social Issueカンファレンス byリディラバ

  2. 難民支援プロジェクト「M4R」学食や体験型ワークショップby青山学院大学

  3. 日本財団CANPANプロジェクト

    シンポジウム「日本の市民社会とこれからの草の根活動を考える」@東京

  4. 受講者募集:NHKラジオ英会話の大西先生による特別講座@東洋学園大学

  5. 経済講座

    だれでもわかる「日本経済入門」講座@東京都足立区

  6. 坐禅や写経を体験する講座@駒沢女子大学

  7. 中央大学の学生が東北や熊本の被災地でボランティア活動

  8. 中・高校生向け夏休み人権セミナー@東京世田谷

  9. 参加者募集:講座「氾濫する情報の接し方」@立正大学

PAGE TOP