新聞紙でバッグをつくる「しまんと新聞ばっぐ」ワークショップ

新聞バッグ 読み終えた新聞紙で作られたバッグが「新聞ばっぐ」。
 高知市在住のデザイナー・梅原真氏が「四万十川流域で販売される商品は、すべて新聞紙で包もう」と言い出したこときっかけに2003年に誕生し、四万十川中流域に住む普通の主婦が考案した「モッタイナイ×オリガミ」新聞ばっぐは、海外でも注目を集めた。
 
 今では、毎年秋に「しまんと新聞ばっぐコンクール」が開催され、世界中のアートな新聞ばっぐが四万十町の旧校舎に展示されている。
 最近では、2012年に「東北しんぶんばっぐプロジェクト」など、新聞ばっぐの作りてと企業を結び、地域を応援する活動も行われている。

しまんと新聞ばっぐのサイトはこちら

 「しまんと新聞ばっぐ」では、新聞ばっぐ作りのワークショップや、インストラクターの養成も行っている。

 4月26日には、この新聞ばっぐを作るワークショップが、毎日新聞東京本社1階(東京都千代田区)にある毎日メディアカフェで開催される。

日時 4月26日(水) 18:30-20:00
参加無料、事前申し込み制

詳細はこちらへ

関連記事

  1. 参加者募集:国立天文台名誉教授の講演「すばるのデータで宇宙旅行」@東京稲城

  2. 「柳田國男と西洋の学問」

    講演会「柳田國男と西洋の学問」@成城大学

  3. 参加者募集:傾聴バーテンダー養成講座@神奈川県藤沢

  4. 自宅で楽しむ博物館&美術館の情報

  5. 連休中、池袋でアニメを〈読む・観る・語る・創る〉参加無料イベントを開催

  6. 講演会「創作と翻訳の大海を航く-角田光代の言葉の世界」@学習院大学

  7. 展示会:戦後の日本獣医界を立て直した越智勇一@麻生大学

  8. アールブリュット

    注目の芸術「アールブリュット」の作品展示会@渋谷

  9. 開催報告:明智光秀について学ぶ講座@東京足立

PAGE TOP