指定都市市長会シンポジウムin仙台「助け合いの力が日本を救う」

指定都市市長会シンポジウム 日本各地で災害の発生が続くなか、地域を超えた「助け合い」が大事になっている。
 自治体、市民、団体、学生などがいかに連携して支援力を高めていけるのか、話し合うシンポジウムが開催される。
 
 主催は指定都市市長会、共催は仙台市。

指定都市市長会シンポジウムin仙台「助け合いの力が日本を救う」

概 要
○基調講演
 「過去の大震災と来たるべき巨大地震-人と技術・情報の備え-」
   今村 文彦(東北大学災害科学国際研究所所長・津波工学研究分野教授)
○パネルディスカッション
 パネリスト
  今村 文彦(東北大学災害科学国際研究所所長・津波工学研究分野教授)
  田村 太郎(【一財】ダイバーシティ研究所代表理事)
  久元 喜造(神戸市長)
  奥山 恵美子(仙台市長)

 コーディネーター 武田 真一(河北新報社防災・教育室長)

日時 4月26日(水) 14:00-16:30
会場 仙台国際センター(仙台市青葉区青葉山無番地)
参加費無料、申込み制

詳細はこちらへ

関連記事

  1. 学生のボランティア消防隊が消防訓練を実施@大阪経済法科大学

  2. 無料オンラインイベント:都市農業xフードロス問題のキーパーソン集合!『渋谷の食の循環を考える』

  3. 参加者募集:SDGs「エネルギーをつかう責任、つくる責任、気候変動に具体的な対策を」講座@東京丸の内…

  4. 健康食品会社(株)えがお、障がい者施設の製品を社内販売

  5. 参加者募集:山を調査する講座@兵庫県丹波市

  6. イベント情報:「公害地域再生のための活動を学ぶ」公害資料館連携フォーラムin倉敷

  7. 大学院体験講座:フィリピン南部マラウィ市における人々の戦い@清泉女子大学

  8. イベント報告:子どもたちとソーラーランタンつくり@多摩川自然情報館

  9. 参加者募集:コロナ後の社会を考えるオンラインシンポジウム、昭和女子大

PAGE TOP