ファッション多様性人権 4月24日はファッション・レボリューションデー。
 ファッションが誰かの犠牲のうえに成り立つものでなく、みんなを幸せにするためのものに、というムーブメントが世界中で広がっている。

 ハンセン病の人や障害を持つ人のための服をデザインし、東京コレクションにも参加した鶴田能史さん、世界にひとつだけのあなたに寄り添うバッグを作り続ける吉田美子さん、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウで国境を越えてファッション産業のもたらす人権課題を解決しようと活動する伊藤和子さん、女性と子どもの人権を守る活動を続けるヒューマンライツ・ナウ副理事長の後藤弘子さんという4人が集い、人権や多様性が大切にされる世界と、ファッションの関係について語り合うイベントが開催される。

 5月4日に吉祥寺で開催されるファッションショー「吉祥寺コレクション・吉コレ」の前夜祭的なイベント。
主催は、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ、ファッションレボリューションデーイベント実行委員会@吉祥寺

ファッションレボリューション
幸せなファッショニスタになるためのトークショー!
日時 5月1日(月) 18:30~20:30
会場 i-dream吉祥寺 東京都武蔵野市吉祥寺本町
参加費 1500円(お茶つき)

申し込み&詳細はこちらへ