法政大学の学生が東京メトロ飯田橋でボランティア

ボランティア 法政大学(東京都千代田区)は、学生センター内に「ボランティアセンター」があり、学生のボランティア活動、近隣地域との連携を積極的に図っている。

 今年6月からは東京メトロ飯田橋駅構内で、介助を必要とする人に対するボランティア活動を実施する。
 内容は、高齢者や障がい者などへの声かけ、ホームへの案内、手荷物の運搬、切符の購入・移動の支援等。

 ボランティアを希望する学生は、東京メトロ総合研修訓練センターで講習を受けて、公益財団法人日本ケアフィット共育機構の「サービス介助基礎検定」の資格を取得。
 資格取得の後、ボランティア活動を開始する。

 この講習への参加希望者は多く、6月に行われる2回の講習会はすでに満員で、キャンセル待ち状態になっている。

法政大学ボランティアセンターのサイト

Similar Posts:

関連記事

  1. 第 10 回「産業観光まちづくり大賞」決まる

  2. ダウンロードできる居場所づくりのデータ集 byCS神戸

  3. 東雲運河でカフェ&クルーズ 学生とロボットの多言語ガイド付by芝浦工大

  4. 震災から25年。神戸の公園に新しい居場所「あすパーク」開設

  5. 地域の課題が分かる【あいち「見える化」ウェブ】@愛知県

  6. 図書館とともにすすめるまち・教育・情報の未来「図書館総合展」@横浜

  7. 多摩シンポジウム×地域交流DAY2016「まちを育てる学生、学生を育てるまち」@法政大学

  8. 公開講座「コミュニティ・カフェって何だろう?」@横浜市青葉区

  9. 参加者募集:講座「始めよう!ゼロからの場づくり」@横浜青葉区

PAGE TOP