法政大学の学生が東京メトロ飯田橋でボランティア

ボランティア 法政大学(東京都千代田区)は、学生センター内に「ボランティアセンター」があり、学生のボランティア活動、近隣地域との連携を積極的に図っている。

 今年6月からは東京メトロ飯田橋駅構内で、介助を必要とする人に対するボランティア活動を実施する。
 内容は、高齢者や障がい者などへの声かけ、ホームへの案内、手荷物の運搬、切符の購入・移動の支援等。

 ボランティアを希望する学生は、東京メトロ総合研修訓練センターで講習を受けて、公益財団法人日本ケアフィット共育機構の「サービス介助基礎検定」の資格を取得。
 資格取得の後、ボランティア活動を開始する。

 この講習への参加希望者は多く、6月に行われる2回の講習会はすでに満員で、キャンセル待ち状態になっている。

法政大学ボランティアセンターのサイト

Similar Posts:

関連記事

  1. 「おもろいわ西淀川」発! 基礎写真講座

    写真を学びながら地域を再発見「おもろいわ西淀川」

  2. 地域づくり支援ネット交流会@東京

  3. 参加者募集:全国まちづくり若者サミット2020~まちをデザインする~@東京・日本青年館

  4. 受講生募集:“つなぎすと府中”コーディネーターのスキルを学ぶ講座@東京府中

  5. 公開講座「地域再生のためのコミュニティメディアの活用」@武蔵大学

  6. 横浜市立大学の学生が企画・運営する地域交流ワークショップ「Aozora Factory」@神奈川県

  7. 開催報告:講座「始めよう!ゼロからの場づくり」@横浜青葉区

  8. 地域の居場所づくり講座 コミュニティ・カフェをつくろう@兵庫県伊丹市

  9. 地域住民が使用可能な「CUCリンクルーム」オープン@千葉商科大学

PAGE TOP