成蹊大学(東京都武蔵野市) 成蹊大学(東京都武蔵野市)は、2020年にオリンピックが行われる東京の現状と将来の展望について学内外の講師が多角的に解説する公開講座(全4回)を開催する。
 さまざまな課題を抱える大都市の現状と将来の展望について、経済学部の小田宏信教授、文学部の澁谷智子准教授、法学部の浅羽隆史教授がそれぞれの専門分野から講演する。

 第1回目の5月27日(土)は、(株)産業経済新聞社の特別記者兼論説委員を務める佐野慎輔氏を講師に迎え、1964年東京大会の事例から2020年の東京大会では次の世代に何を残すことができるのかを考える。

成蹊大学 2017年度 前期公開講座
第1回「1964年東京大会は後世に何を残したか、2020年東京大会は次の世代に何を残すのか…」
日時 5月27日(土) 10:30~12:10
講師 佐野慎輔(産業経済新聞社 特別記者兼論説委員、笹川スポーツ財団 上席特別研究員、日本オリンピックアカデミー理事)

第2回「東京の町工場世界」
日時 6月17日(土) 10:30~12:10
講師 小田宏信 (成蹊大学 経済学部教授)

第3回「広がる『子ども食堂』」
日時 6月24日(土) 10:30~12:10
講師 澁谷智子 (成蹊大学 文学部准教授)

第4回「東京の財政問題」
日時 7月8日(土) 10:30~12:10
講師 浅羽隆史 (成蹊大学 法学部教授)
※希望の回だけの受講も可能。

会場
成蹊大学6号館401教室(東京都武蔵野市吉祥寺北町)
受講費無料、申込不要(だれでも受講可)
定員 300名

詳細はこちらへ