まちなかキャンパス「哲学」チラシ 福島県の会津若松市生涯学習総合センター(愛称:會津稽古堂)は、会津大学と連携して学生・市民向けの「あいづまちなかキャンパス 日本人を<哲学>する!~今に生きる会津藩の教え『ならぬことはならぬ』のルーツをさぐる~」を開催する。

同イベントでは、会津の歴史や文化について多角的に学び、知識・関心を深めるとともに、受講生同士の交流も図る。
講師には、会津大学コンピュータ理工学部文化研究センター、上級准教授・青木滋之氏、福島県立博物館の主任学芸員・阿部綾子氏を迎える。

*同イベントの事例紹介は「社会教育」誌で掲載される予定です。

あいづまちなかキャンパス
日本人を<哲学>する!
~今に生きる会津藩の教え『ならぬことはならぬ』のルーツをさぐる~
概 要
講義「あいづっこ宣言」を学ぶ
講義「会津藩家訓」を読み解く
グループワーク(ルーツを探る)
講義「近代(西洋)化と日本人
グループワーク(意見を交える)
まとめ

日時 7月15日(土) 9:15~15:45
会場 会津若松市生涯学習総合センター
参加費無料、申込み制

詳細はこちらへ