注目の芸術「アールブリュット」の作品展示会@渋谷

 アールブリュットとは「生の芸術」という意味のフランス語で、もともとフランス人のアーチストが生み出したものだ。美術教育を受けていない人が自発的に生み出すアートのことで、最近日本でも注目を集めている。
 ダイバーシティ社会を目指す東京都では、今秋、アールブリュットのギャラリーを作ると小池知事が発表している。

アールブリュット NPOワークス・アールブリュット推進協議会(和歌山県御坊市)では、2013年から障がい者のアート能力を育成する「あーとの教室」を開催し、今年から障がいの有無に関係なくアート能力を育てる「わわわ学園」を運営している。

 同協議会では、アールブリュットの本場フランスや、スイスでも展示会を開催するなど、すでに世界にも活動の場を広げ、アールブリュット・デザインを生かした商品開発をファッション業界と連携して行っている。

“得る”Cafeでは、以前にも紹介している。

<以前の紹介記事>
障がい者向けアート能力開発教室 byワークス・アールブリュット推進協議会

障害者アートで国際交流@和歌山県御坊市

 同協議会では、7月下旬に「わわわアールブリュット東京コレクション」 を開催する。
 
 新たに、ファッション、トラベル、ルームキッチン、ステーショナリーのカテゴリーの商品開発も行ったということだ。
 
日時 7月28日(金)~31日(月)
会場 セラッチ・ジャポンショールーム
  (東京都渋谷区神山町40-1 )

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. アールブリュット障害者芸術

    障がい者向けアート能力開発教室 byワークス・アールブリュット推進協議会

  2. 国際平和映像祭

    国際平和映像祭(UFPFF)2017キックオフイベント@横浜美術館

  3. 障害者アートで国際交流@和歌山県御坊市

  4. 参加者募集:本場イギリスの講師によるドラマワークショップ@岐阜県

  5. 「柳田國男と西洋の学問」

    講演会「柳田國男と西洋の学問」@成城大学

  6. 漫画ゴールデンカムイ関係者も:アイヌ文化を楽しむ「第8回ウレシパ・フェスタ」@札幌 

  7. 子ども歴史展示コーナー「体験しよう!いろんな道具」@品川歴史館

  8. 参加者募集:“国際ガールズ・デー”市民上映会「ソニータ」@新潟市

  9. アートにおける共感づくりを学ぶ-ファンドレイジング講座@福岡県

PAGE TOP