学生と市民が連携して「真間あんどん祭り」開催 by 千葉商科大学

 千葉商科大学(千葉県市川市)では、学生と大学近隣の商店街有志が連携して行う「真間あんどん祭り」を開催する。
あんどん祭り 当日は、市川市民の手作りの行灯(あんどん)が弘法寺の石段に並べられライトアップ。幻想的な雰囲気となる。
 その他、ステージイベントとしてバンド演奏、ダンスパフォーマンスが行われるほか、屋台も出る。
 また、女性向けに、浴衣レンタル着付け無料というサービスもある。

 同イベントは2015年より開催されている。同大学の人間社会学部の学生が、地元住民と連携し、地域の賑わいを創出するとともに、多世代交流を進め、地元への愛着を深めることを目的としている。

真間あんどん祭り
日時 2017年7月23日(日) 15:00~21:00
   行灯ライトアップ 19:00~ 21:00
会場 真間山弘法寺(千葉県市川市真間4-9-1)
内容 屋台、ステージイベント(バンド演奏、ダンスパフォーマンス等)
浴衣レンタル着付け無料 13:00~16:00
  (女性限定先着40名、ゲタまたはサンダルは持参)

詳細はこちらへ

関連記事

  1. セミナーレポート:小水力発電等のインフラで稼ぐ地域再生(和歌山県有田川町)

  2. 参加者募集:生涯学習施設の役割を考える研修会:大阪吹田市

  3. 参加者募集:シニア向け市民塾「『地域貢献』で自分も元気に!」@神戸

  4. 国分寺の駅隣接ビル開館記念イベントに東京経済大学が参加

  5. シンポジウム「大学と地域連携の未来」@明海大学(千葉県)

  6. 震災から25年。神戸の公園に新しい居場所「あすパーク」開設

  7. お年寄りや親子らが集まる居場所マップ作成

  8. 「地域の魅力×自分のやりたいこと」まち歩き&ワークショップ開催@青梅市東京

  9. 参加者募集:地域連携フォーラム、地域資源の活用事例報告など@千葉商科大学

PAGE TOP