<社会教育のポータルサイト> ★みんなが幸せになるような情報を発信しています★

第1回 生涯生活時間が長くなる中で“自らの中高年期を、何にかけるか”



“得る”Cafeサイトをご覧の皆様、はじめまして。山木戸です。

 連載「定年後もハッピーになれる」では、中年期に感じる定年後のお金にまつわる不安、暮らし方/働き方の不安にどう対処して行くべきかを考えていきます。

 90歳まで生きると考えて、残りの時間の長さを意識し、どう社会とつながり、暮らすかを一緒に考えていきましょう。


山木戸 啓治  Keiji Yamakido

<プロフィール>
上級生涯生活設計コンサルタント
一級ファイナンシャル・プランニング技能士
CFP(日本FP協会)
社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員

平成15年より、ファイナンシャル・プランナーに就任し、生涯学習センター・公民館・大学の公開講座などで生涯経済設計の講師を務め、平成16年度・17年度には福山大学経済学部客員教授を兼務すると共に、企業の退職準備ライフプランセミナー、及び地方公務員の退職準備・生活充実ライフプランセミナーなどで講演活動を行う。
平成22年7月に定年退職し、その後も継続してライフプランセミナーの講師として活動中。

山木戸先生へのお問い合わせは、こちらへ


今回のテーマは、【生涯生活時間が長くなる中で“自らの中高年期を、何にかけるか”です。

人生時間の20%も自由時間が残っている(クリックで拡大)

 今、平均余命を考えると、女性は65歳時点で約25年、平均すると90歳まで生きます。男性は65歳時点で、余命は約20年あり、平均すると85歳まで生きます。

 人生90年とすると、人生の時間は約79万時間あり、定年後の自由時間は約15万時間もあるのです。(図を見てください)

 なんと人生全体の時間を考えると、定年後の自由時間は、全体の20%近くあります。
 
 この自由になった時間 『15万時間』 を充実させるライフスタイルを意識したらいかがでしょうか。
 この時間を楽しく過ごすためには、少なくとも50代前半から明確な目的意識を持とうとする姿勢が重要です。
 まずは、ご自分の定年後の目的をみつけましょう。

・エキスパートとして、さらに仕事にチャレンジする
・今までやれなかったことにチャレンジする
・趣味や生涯学習にチャレンジする
・家族、地域との絆を強くする

 目的がはっきりしないときは、下記から考えてみたらいかがでしょうか?

やってみたいことは何か!
得意なことは何か!
求められていることは何か!

 この3つの問いかけを行い、自己イメージを明確にしてみましょう。   
 第2回は、自己イメージを明確にするフレームワークを活用する方法を考えていきます。
 (第2回につづく)


 

NEW1月24日UP:第9回ライフステージの転機に、居場所を開発する

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去の投稿

Twitter

  • 大阪国際大和田中学で、カンボジアで地雷除去支援するNPOの講演を開催。認定NPO法人テラ・ルネッサンス理事、鬼丸昌也さん。著書「こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した」 https://t.co/qMS3hcrugN
    about 9時間 ago
  • 連載「定年後のハッピーになれる」第9回「ライフステージの転機に、自らのよりどころになる居場所を開発する」をアップしました。 夫の退職後に、精神的に不調になる妻も? https://t.co/qSifg64oFE
    about 9時間 ago
  • フェリス女学院大学が、横浜の港の見える丘公園内の文学館で朗読会。安東みきえ、角田光代、ほしおさなえの作品を生の声で楽しめる。参加費無料です。 https://t.co/18IY7DYly8
    about 1日 ago
  • 【最新のABC部数】2017年11月のABC部数、日経は年間で27万部減、朝日は30万部減、読売は24万部減、新聞の「押し紙」型ビジネスモデルはほぼ崩壊 | MEDIA KOKUSYO https://t.co/akY6ZOjeSP
    about 1日 ago
  • 学食でジャズイベント「THE UNIVERSITY LIVE~JAZZ~」@千葉商科大 、2017年GIBSON・ジャズ・ギター・コンテスト最優秀賞の堀江洋賀さんも演奏。 2月3日(土)… https://t.co/KVU7Xn0ROb
    about 2日 ago