シンポ「デジタル時代の監視とプライバシー 」スノーデン氏のライブインタビューも!

 公益社団法人自由人権協会(JCLU)は、10月1日に70周年記念シンポジウムとして「デジタル時代の監視とプライバシー ― 市民によるコントロールのために ―」を開催する。

クリックで拡大

 今、テロ対策や国家安全保障を旗印に、国家による監視が強化されている。
 安全・安心のためならプライバシーが犠牲になることはやむを得ないのか。増大する国家の監視活動に対し、市民はどのように対応したらよいのか。外国における取組みなどを学びながら考えていく。

 同シンポジウムでは、映画にもなっている話題の人物、元CIAのスノーデン氏に、NHKクローズアップ現代のキャスターを務めていた国谷裕子さんがライブインタビューする。
 また、アメリカで人権に関する活動をしている弁護士のシャピロ氏、プライバシー権に関する国連特別報告者で、共謀罪法案に対する懸念を表明する書簡を安倍首相に送付したケナタッチ氏の講演も行われる。

JCLU70 周年記念シンポジウム
「デジタル時代の監視とプライバシー
― 市民によるコントロールのために ―」

概要
ライブインタビュー
米国国家安全保障局による 大量監視の実態と日本
エドワード・スノーデン氏(CIA、NSA及びDIAの元情報局員)
インタビュアー:国谷裕子氏

講演1
9.11 以降の監視強化の動きと ACLU の闘い
スティーブン・シャピロ 氏  (弁護士、アメリカ自由人権協会前リーガル・ディレクター)

講演2
大量監視とプライバシー保護のための仕組み
ジョセフ・ケナタッチ 氏 (マルタ大学教授、プライバシー権に関する国連特別報告者)

司会 井桁大介(JCLU理事・弁護士)

日時 10月1日(日) 13:30-17:30
会場 一橋講堂 (千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
参加費 1000円、申込み制 9/23 追記 満員につき、申込は終了

申し込み&詳細はこちらへ

関連記事

  1. 難民支援プロジェクト「M4R」学食や体験型ワークショップby青山学院大学

  2. パラグアイの農村女性や子どもを支援するための研究/実践:国際シンポジウム&ワークショップ

  3. ニュースサイト「知の世界地図」オープンby京都産業大学

  4. 人生の転機について考える講演&ワークショップ@宇都宮

  5. 地域と地域をつなぐフリーペーパー「〇〇と鎌倉」創刊

  6. 有機園芸、女性の生き方についての講演、コンサートなど恵泉女学園大学で地域イベント

  7. AV被害

    AV出演強要被害の根絶に向けて~被害救済の現場から~@大阪

  8. 参加者募集:カレーライスを本当に作るプロジェクト@大阪府豊中市

  9. 公開講座「人生100年時代を生きる」@明海大学浦安キャンパス

PAGE TOP