<社会教育のポータルサイト> ★みんなが幸せになるような情報を発信しています★

シンポ「デジタル時代の監視とプライバシー 」スノーデン氏のライブインタビューも!

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 公益社団法人自由人権協会(JCLU)は、10月1日に70周年記念シンポジウムとして「デジタル時代の監視とプライバシー ― 市民によるコントロールのために ―」を開催する。

クリックで拡大

 今、テロ対策や国家安全保障を旗印に、国家による監視が強化されている。
 安全・安心のためならプライバシーが犠牲になることはやむを得ないのか。増大する国家の監視活動に対し、市民はどのように対応したらよいのか。外国における取組みなどを学びながら考えていく。

 同シンポジウムでは、映画にもなっている話題の人物、元CIAのスノーデン氏に、NHKクローズアップ現代のキャスターを務めていた国谷裕子さんがライブインタビューする。
 また、アメリカで人権に関する活動をしている弁護士のシャピロ氏、プライバシー権に関する国連特別報告者で、共謀罪法案に対する懸念を表明する書簡を安倍首相に送付したケナタッチ氏の講演も行われる。

JCLU70 周年記念シンポジウム
「デジタル時代の監視とプライバシー
― 市民によるコントロールのために ―」

概要
ライブインタビュー
米国国家安全保障局による 大量監視の実態と日本
エドワード・スノーデン氏(CIA、NSA及びDIAの元情報局員)
インタビュアー:国谷裕子氏

講演1
9.11 以降の監視強化の動きと ACLU の闘い
スティーブン・シャピロ 氏  (弁護士、アメリカ自由人権協会前リーガル・ディレクター)

講演2
大量監視とプライバシー保護のための仕組み
ジョセフ・ケナタッチ 氏 (マルタ大学教授、プライバシー権に関する国連特別報告者)

司会 井桁大介(JCLU理事・弁護士)

日時 10月1日(日) 13:30-17:30
会場 一橋講堂 (千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
参加費 1000円、申込み制 9/23 追記 満員につき、申込は終了

申し込み&詳細はこちらへ

Similar Posts:

4月4日UP:第11回お金の不安編 :
その1 暮らし方/働き方の
独自のライフデザイン

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

過去の投稿

Twitter

  • 「おもてなし」の国といいながら、実は、戦地などから命がけで逃げてきた難民に冷たい日本。リディラバジャーナルは、このような現状を書いている。  https://t.co/4WT2g7jaq7
    about 15時間 ago
  • ゴールデンウィーク企画「昭和レトロな博物館」@浜松市博物館、ケン玉、お手玉など、昭和のなつかしいおもちゃで遊ぶ、昭和のニュースを写真と白黒映像を見る。 https://t.co/wM8Aa1AgRw  #ゴールデンウィーク #浜松市
    about 16時間 ago
  • トルコ男性を1カ月受診させず 東京入管、虚偽記載か 事実関係の確認避ける:どうしん電子版(北海道新聞) https://t.co/SotygsB5GW
    about 1日 ago
  • 公開講座「人生100年時代における口腔の健康の価値とは?」@関西大学 、予防歯科医療の先駆者・熊谷崇医師が講演、口腔の健康を考える。 #予防歯科医療  https://t.co/388vdHaSQn
    about 2日 ago
  • 公開シンポ:私たちは、100年後の地球に何ができるか @東京大学、 One Earth Guardians育成プログラム キックオフ公開シンポジウム #SDGs #ESD https://t.co/TKxYCwVzAm
    about 4日 ago