第3回 新たな可能性を拡げる自己分析の枠組みを活用する

こんにちは、山木戸です。
第3回のテーマは【新たな可能性を拡げる自己分析の枠組みを活用する】ために、人間の心に4つの領域を想定します。

 人間には4つの心の領域があります。
 「自分からみた自分」(つもりの自分)、「周囲からみた自分」(はた目の自分)という視点から、下記の4つに分類できます。

①周囲の人だけが気づいていて自分は分っかていない自分の特徴「気づかない領域」

②自分はよく知っているが周囲の人に隠している自分の特徴「隠した領域」

③自分も周囲もよく知っている自分の特徴「解放した領域」

④周囲はもとより自分さえも知らない自分の特徴「未知の領域」

 4つの領域とそれぞれの関係を考えてみます。(図を参照)

クリックで拡大

①周囲は気づいていて、自分では気づかない領域

 誰にでも、自分では自覚できていない部分があります。例えば、友人の欠点などについてはすぐ気づくのに、自分のこととなると気づかないということはよくあります。
 周囲から「こういう癖があるよね」などと指摘を受けてびっくりして気づくようなこともあります。

 日々の行動の大部分はほとんど無意識で行っています。聞き上手になってフィードバックを受けてはじめて気づくような領域です。

②自分はよく知っているが周囲の人に隠している。自分を隠した領域

 自分の気持ちを押し殺しているような領域、自分に対して自信が持てないと感じている面があると「自分を隠した領域」が広がります
 周囲からは「つかみどころのない人だね」などと思われて、他人との境界線を引くことになってしまいます。

 例えば、周囲ときちんとした人間関係が築けていないとき、「自分を隠した領域」が広いと、自分をオープンにしたいと考えても、周囲からどのような反応が返ってくるか判断することが難しいことで大きなストレスを感じたりします。

③自分を開放した領域

 この領域が小さい場合は、周囲からよく分からない人と思われます。「解放した領域」が広ければ広いほど、一般に良好な人間関係を築くことができます。

 情報を共有し、お互いの理解を深めていくことで「開放した領域」は拡がっていきます。
 
④周囲の人は知らない自分さえも知らない未知の領域

 新しい自分と出会うことができるかもしれない、自分にとってまだ意識されていない可能性を見つけ出すことができるかもしれない領域です。

 「未知の領域」には、自分の中でもまだ意識されていない宝物が埋まっている可能性があります。

 このように人間の心には4つの領域が存在すると想定するととても分かりやすいと思います。
 次回は、この4つの領域を理解した上で、自己分析の枠組みとして活用します。

------------------------------------------------------------------------------------------------

●第2回 自己イメージを明確にするために“自己分析の枠組み”を活用するはこちらから


山木戸 啓治  Keiji Yamakido

<プロフィール>
上級生涯生活設計コンサルタント
一級ファイナンシャル・プランニング技能士
CFP(日本FP協会)
社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員

平成15年より、ファイナンシャル・プランナーに就任し、生涯学習センター・公民館・大学の公開講座などで生涯経済設計の講師を務め、平成16年度・17年度には福山大学経済学部客員教授を兼務すると共に、企業の退職準備ライフプランセミナー、及び地方公務員の退職準備・生活充実ライフプランセミナーなどで講演活動を行う。
平成22年7月に定年退職し、その後も継続してライフプランセミナーの講師として活動中。

山木戸先生へのお問い合わせは、こちらへ

関連記事

  1. 第12回「お金の不安」編 その2 生涯経済プランのための3つの視点

  2. 第16回「お金の不安」編その6「せつやく」“傷病手当金”

  3. 第6回 真の個性化は、中年期以降に始まる

  4. 第13回「お金の不安」編 その3「せつやく」“年金”

  5. 第9回 ライフステージの転機に、自らのよりどころになる居場所を開発する

  6. 第5回 中年期以降の「年齢と幸福度」の関係

  7. 第1回 生涯生活時間が長くなる中で“自らの中高年期を、何にかけるか”

  8. 第10回 ある年齢で仕事から引退するというイメージを払拭する

  9. 第8回 “等身大の自分を開発する”という意識が重要

PAGE TOP