全国過疎問題シンポジウム2017inさが

 日本の多くの過疎地域では、人口減少や少子高齢化の進展、地域産業の衰退や生活基盤の弱体化、集落消滅の危機など、さまざまな課題に直面している。

 過疎地域のさまざまな取り組みについて、議論を深めるとともに、全国の優れた取り組みにふれ、参加者相互の交流を図るなど、人と人とのつながりを通じて将来に向けた取り組みを考える契機とするため「全国過疎問題シンポジウム2017inさが」が開催される。
テーマは、”人が輝く地域づくり”~自発と誇りが地域を変える~。

主催は、総務省、全国過疎問題シンポジウム実行委員会(佐賀県、全国過疎地域自立促進連盟、佐賀県過疎地域自立促進協議会)

19日の全体会では、平成29年度 過疎地域自立活性化優良事例表彰式、山崎亮氏(studio-L 代表)による基調講演、・パネルディスカッション「人が輝く地域づくり~自発と誇りが地域を変える~」、交流会が開催される。

20日には、唐津市、多久市、白石町、太良町で分科会が行われる。

全国過疎問題シンポジウム2017inさが
10月19日(木) 全体会
概 要
・平成29年度過疎地域自立活性化優良事例表彰式
・基調講演「『縮充』する地域を目指して」
 講師/山崎 亮 氏(studio-L 代表)
・パネルディスカッション「人が輝く地域づくり~自発と誇りが地域を変える~」
コーディネーター 飯盛  義徳 氏(慶應義塾大学総合政策学部 教授)
パネリスト
 千綿 由美 氏(むらつむぎ 代表)
 山崎 亮 氏(studio-L 代表)
 渡邊 法子 氏(アイ・エス・ケー合同会社 代表)
 佐賀県過疎地域自立促進協議会会長

交流会(ホテルマリターレ創世 佐賀)
会場 佐賀市(佐賀市文化会館 大ホール)
参加費無料、交流会(4000円)

10月20日(金)
・唐津市分科会「過疎地域自立活性化優良事例発表」 (唐津市:相知交流文化センター)

・多久市分科会「過疎地域自立活性化優良事例発表」 (多久市:多久市中央公民館)

・白石町分科会「パネルディスカッション」 (白石町:福富ゆうあい館)

・太良町分科会「パネルディスカッション」 (太良町:自然休養村管理センター)

申し込み&詳細はこちらへ

関連記事

  1. “祭り”で地域と都市の人をつなげる(一社)マツリズム

  2. 参加者募集:セミナー「サテライトオフィスは、農山漁村に人と仕事と活気を呼ぶ」@東京

  3. 農山漁村の魅力を伝える総合情報サイト「里の物語」オンラインショップも開始

  4. 参加者募集:学生と社会人による対話と思考の場@宇都宮大学

  5. 大阪国際大学の学生が限界集落で女子会を開催@鳥取市鹿野町

  6. 参加者募集:講演 農村を変えて若者を引き寄せる古民家活用の農家民宿!

  7. 地方創生

    移住・田舎暮らし情報のwebマガジン

  8. 参加者募集:オンライン徹底討論!地域課題に飛び込み「日本の勝ち筋」を探索せよ

  9. 募集中:都市と農山漁村のオーライ(往来)の活性化事例を表彰する「第17回オーライ!ニッポン大賞」

PAGE TOP