第12回国連UNHCR難民映画祭2017-学校パートナーズ上映会@テンプル大学日本校(東京都港区)

 米国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるテンプル大学の日本校は、今年で35周年を迎えるのを記念して、国連UNHCRの学校パートナーズとして「第12回国連UNHCR難民映画祭2017」を開催する。

 上映されるのは、アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭観客賞ノミネート作品の「ナイス・ピープル」。

<あらすじ> 
 内戦を逃れ、スウェーデンの田舎町ボーレンゲで暮らすソマリア難民の若者たちが、氷上のスポーツ「バンディ」のチームを結成。世界選手権を目指した特訓を受けながら、若者たちはやがて祖国での過酷な体験や異国での孤独感について胸の内を明かす。果たして彼らはバンディを通じてスウェーデンに居場所を見つけることができるのか。

国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ
上映作品情報:『ナイス・ピープル』
製作国 スウェーデン、2015年
上映時間  96分
ドキュメンタリー
言語  スウェーデン語、ソマリ語、英語
字幕  日本語、英語

日時 10月6日(金) 15:00-17:00
会場 テンプル大学ジャパンキャンパス麻布校舎1階学生ラウンジ「The Parliament」
 (東京都港区)
入場無料、申込不要

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. シンポ「グローバル社会の正義と文化多様性 捕鯨問題を事例として」@一橋大学

  2. 多文化共生フォーラムが開催される@山口県

  3. 外国人問題セミナー「移住女性30年の歴史と現在」@東京

  4. 映画の市民上映会でコミュニティづくり

  5. 連続公開講座「LGBTをめぐる法と社会 — 過去、現在、未来をつなぐ」@中央大学

  6. 「世界食料デー」月間の10月:映画「0円キッチン」上映キャンペーン

  7. 東京ろう映画祭

    東京ろう映画祭@東京渋谷

  8. 参加者募集:外国につながる青少年のドキュメンタリー映画上映会

  9. 参加者募集:「ロヒンギャ難民」緊急連続シンポジウム@聖心女子大

PAGE TOP