<社会教育のポータルサイト> ★みんなが幸せになるような情報を発信しています★

シンポ「グローバル社会の正義と文化多様性 捕鯨問題を事例として」@一橋大学

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 国際的にさまざまな意見が対立し閉塞状況にあるのが捕鯨問題。持続可能な水産資源の管理と利用については、科学的側面だけではなく、文化的・政治的・倫理的課題も含まれている。
 
 ニューヨーク市在住の映画監督・佐々木芽生さんが、この問題に挑んだ映画『おクジラさま–ふたつの正義の物語』を完成させ、全国での劇場公開が始まっている。
映画についてはこちらへ
 

 一橋大学社会学部GLP(グローバル・リーダーズ・プログラム)では、同監督の講演会を行うとともに、捕鯨問題に詳しい有識者と、捕鯨問題解決への糸口を探るシンポジウムを開催する。

シンポジウム「グローバル社会の正義と文化多様性–捕鯨問題を事例として」
概要
第1部 講演会「ふたつの正義の物語」
 『おクジラさま』一部上映
 「『おクジラさま』を撮りながら考えたこと」
 佐々木芽生監督

第2部
基調講演「捕鯨をめぐる対立の構造」森下丈二 東京海洋大学教授(IWC日本政府代表)

パネル・ディスカッション「捕鯨問題を開く」
 パネラー
佐々木芽生、高屋繁樹(水産庁国際課捕鯨室長)、坂元茂樹(同志社大学法学部教授・国際法)、庄司義則(外房捕鯨株式会社・社長)、井田徹治(共同通信社・編集委員兼論説委員)、大久保彩子(東海大学海洋学部准教授・環境政策論/海洋政策論)、 Nikolas Sellheim(日本学術振興会特別研究員・法人類学/アザラシ漁研究)
司会 赤嶺淳 (一橋大学大学院社会学研究科教授)

※ 日本語・英語の同時通訳。

日時 9月27日(水)15時15分~18時55分
会場 一橋大学インテリジェントホール(国立西キャンパス・本館東南部、東京都国立市)
参加費無料、事前申込み制  9/22追記(定員に達したため、申込みは終了)

詳細はこちらへ

Similar Posts:

4月4日UP:第11回お金の不安編 :
その1 暮らし方/働き方の
独自のライフデザイン

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

過去の投稿

Twitter

  • 「おもてなし」の国といいながら、実は、戦地などから命がけで逃げてきた難民に冷たい日本。リディラバジャーナルは、このような現状を書いている。  https://t.co/4WT2g7jaq7
    about 15時間 ago
  • ゴールデンウィーク企画「昭和レトロな博物館」@浜松市博物館、ケン玉、お手玉など、昭和のなつかしいおもちゃで遊ぶ、昭和のニュースを写真と白黒映像を見る。 https://t.co/wM8Aa1AgRw  #ゴールデンウィーク #浜松市
    about 16時間 ago
  • トルコ男性を1カ月受診させず 東京入管、虚偽記載か 事実関係の確認避ける:どうしん電子版(北海道新聞) https://t.co/SotygsB5GW
    about 1日 ago
  • 公開講座「人生100年時代における口腔の健康の価値とは?」@関西大学 、予防歯科医療の先駆者・熊谷崇医師が講演、口腔の健康を考える。 #予防歯科医療  https://t.co/388vdHaSQn
    about 2日 ago
  • 公開シンポ:私たちは、100年後の地球に何ができるか @東京大学、 One Earth Guardians育成プログラム キックオフ公開シンポジウム #SDGs #ESD https://t.co/TKxYCwVzAm
    about 4日 ago