<社会教育のポータルサイト> ★みんなが幸せになるような情報を発信しています★

シンポ「グローバル社会の正義と文化多様性 捕鯨問題を事例として」@一橋大学


 国際的にさまざまな意見が対立し閉塞状況にあるのが捕鯨問題。持続可能な水産資源の管理と利用については、科学的側面だけではなく、文化的・政治的・倫理的課題も含まれている。
 
 ニューヨーク市在住の映画監督・佐々木芽生さんが、この問題に挑んだ映画『おクジラさま–ふたつの正義の物語』を完成させ、全国での劇場公開が始まっている。
映画についてはこちらへ
 

 一橋大学社会学部GLP(グローバル・リーダーズ・プログラム)では、同監督の講演会を行うとともに、捕鯨問題に詳しい有識者と、捕鯨問題解決への糸口を探るシンポジウムを開催する。

シンポジウム「グローバル社会の正義と文化多様性–捕鯨問題を事例として」
概要
第1部 講演会「ふたつの正義の物語」
 『おクジラさま』一部上映
 「『おクジラさま』を撮りながら考えたこと」
 佐々木芽生監督

第2部
基調講演「捕鯨をめぐる対立の構造」森下丈二 東京海洋大学教授(IWC日本政府代表)

パネル・ディスカッション「捕鯨問題を開く」
 パネラー
佐々木芽生、高屋繁樹(水産庁国際課捕鯨室長)、坂元茂樹(同志社大学法学部教授・国際法)、庄司義則(外房捕鯨株式会社・社長)、井田徹治(共同通信社・編集委員兼論説委員)、大久保彩子(東海大学海洋学部准教授・環境政策論/海洋政策論)、 Nikolas Sellheim(日本学術振興会特別研究員・法人類学/アザラシ漁研究)
司会 赤嶺淳 (一橋大学大学院社会学研究科教授)

※ 日本語・英語の同時通訳。

日時 9月27日(水)15時15分~18時55分
会場 一橋大学インテリジェントホール(国立西キャンパス・本館東南部、東京都国立市)
参加費無料、事前申込み制  9/22追記(定員に達したため、申込みは終了)

詳細はこちらへ

Similar Posts:

NEW1月24日UP:第9回ライフステージの転機に、居場所を開発する

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去の投稿

Twitter

  • 大阪国際大和田中学で、カンボジアで地雷除去支援するNPOの講演を開催。認定NPO法人テラ・ルネッサンス理事、鬼丸昌也さん。著書「こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した」 https://t.co/qMS3hcrugN
    about 3時間 ago
  • 連載「定年後のハッピーになれる」第9回「ライフステージの転機に、自らのよりどころになる居場所を開発する」をアップしました。 夫の退職後に、精神的に不調になる妻も? https://t.co/qSifg64oFE
    about 3時間 ago
  • フェリス女学院大学が、横浜の港の見える丘公園内の文学館で朗読会。安東みきえ、角田光代、ほしおさなえの作品を生の声で楽しめる。参加費無料です。 https://t.co/18IY7DYly8
    about 1日 ago
  • 【最新のABC部数】2017年11月のABC部数、日経は年間で27万部減、朝日は30万部減、読売は24万部減、新聞の「押し紙」型ビジネスモデルはほぼ崩壊 | MEDIA KOKUSYO https://t.co/akY6ZOjeSP
    about 1日 ago
  • 学食でジャズイベント「THE UNIVERSITY LIVE~JAZZ~」@千葉商科大 、2017年GIBSON・ジャズ・ギター・コンテスト最優秀賞の堀江洋賀さんも演奏。 2月3日(土)… https://t.co/KVU7Xn0ROb
    about 2日 ago