創価大学「国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ」として映画「シリアに生まれて」を上映

 創価大学は、国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズとして、第12回国連UNHCR難民映画祭の作品の一つである「シリアに生まれて」を上映する。

 国連の平和運動を推進する同大学の学生団体「ASPIRE SOKA」と共催で、中央教育棟で上映する。

映画 シリアに生まれて(ドキュメンタリー映画)
監督 エルナン・ジン
製作国 デンマーク、スペイン
製作年 2016 年
上映時間 84 分
概要 2011年以来、シリア危機によって故郷を後にした数百万人もの人々、その多くは子どもである。ヨーロッパへ向かう長く過酷な道のりや周辺国の難民キャンプ、あるいはようやくたどり着いた見知らぬ土地で子どもたちは何を想うのか。爆撃により負傷し、家族と生き別れ、子どもとしての時間を奪われ、それでも新たな希望を胸に逞しく生きる7つの小さな命にカメラが丁寧に寄り添う。

日時
<1回目> 2017年10月 9日(月・祝) 10時30分~12時00分
<2回目> 2017年10月20日(金)16時40分~19時20分
場所 1回目 創価大学中央教育棟ディスカバリーホール
   2回目 創価大学中央教育棟AB102教室
入場無料(事前申込み制)、だれでも参加できる

申し込み&詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 世界環境デー月間6月・環境に関する映画の上映キャンペーン

  2. バングラデッシュの村の騒動を描いた映画上映会@国立民族学博物館

  3. 9~10月、東京、札幌、名古屋で「難民映画祭2018」by UNHCR

  4. 映画の市民上映会でコミュニティづくり

  5. 参加者募集:外国につながる青少年のドキュメンタリー映画上映会

  6. 映画&講演会:「コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~」@鎌倉&東京

  7. 映画「ソニータ」国際ガールズ・デー全国上映キャンペーン

  8. 多文化、多国籍な人々の共生を考える映画「バベルの学校」

  9. 映画紹介:子ども食堂を描いた「こどもしょくどう」

PAGE TOP