「大阪自然史フェスティバル2017」@大阪市立自然史博物館

 大阪市立自然史博物館は、「大阪自然史フェスティバル2017」を関西文化の日である11月18 日(土)、11月19日(日)に開催する。

 「大阪自然史フェスティバル」は、自然関連のサークル、地域の自然保護団体等が一堂に会して出展する文化祭。大阪周辺の自然の現状や自然に関わる楽しさを知ってもらうため、100団体以上の関連する博物館や企業も参加し、活動紹介やワークショップなどが開催される。
 
 同イベントは、自然史博物館と認定特定非営利活動法人大阪自然史センターの共催で行われ、今年で9回目。

 今年は、現在進行中の大阪市の生物多様性戦略に関連したシンポジウム「Do you know 生物多様性? ~大阪市生物多様性戦略に向けて~」も開催される。
 その他、様々な自然観察・自然保護教育プログラムのワークショップ、バードウォッチングなどの講習会、講演会などが行われる。
 
「大阪自然史フェスティバル2017」
期間 2017年11月18日(土)、11月19日(日)
会場 大阪市立自然史博物館 本館および博物館玄関前ポーチ、ネイチャーホール
(花と緑と自然の情報センター2 階)
 大阪市東住吉区長居公園 1-23(長居公園内)
入場料無料(「関西文化の日」のため、 博物館本館入館料も無料)

概 要
・ブース展示(両日とも開催)
 出展団体による活動紹介や標本などの展示など

・ワークショップ
 様々な自然観察・自然保護教育プログラム

・世界の双眼鏡・望遠鏡が勢揃い

・講習会 「谷口高司鳥絵工房『谷口高司のたまご式鳥絵塾』」 (参加費1000円)

・「叶内拓哉とバードウォッチング」

・「叶内拓哉 野鳥の話 アレコレ」

・「大阪湾にやってきたイルカと鯨」

・バードウォッチング「はじめての鳥みたい(隊)!(探鳥会) 」

・「植物園の小さな秋を見つけよう」
 長居植物園の植物や昆虫を観察

・講堂プログラム
「ダニ・マックス 嫌われダニの愛し方 -優雅なダニの奇妙な生態-」

シンポジウム「Do you know 生物多様性? ~大阪市生物多様性戦略に向けて~」

講演会『ヤイロチョウ営巣発見 80 周年記念講演』

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 映画&講演会:「コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~」@鎌倉&東京

  2. 参加者募集:「災害危機管理講座」@千葉商科大学

  3. 博物館展示:家畜の飼育のあり方“アニマルウェルフェア”を考える@麻布大学

  4. 持続可能未来都市

    持続可能な都市を目指して「未来都市研究機構キックオフシンポジウム」@東京

  5. 受講者募集:「SDGsの推進と大学の役割」@千葉商科大

  6. 参加者募集:4つの視点を通してSDGsが目指す世界 「ナッジ的SDGs体感セミナー」@東京港区

  7. 指定都市市長会シンポジウム

    指定都市市長会シンポジウムin仙台「助け合いの力が日本を救う」

  8. TOPIC:トチギ環境未来基地、第8回毎日地球未来賞の奨励賞を受賞

  9. 参加者募集:カレーライスを本当に手作りするプロジェクト@大阪

PAGE TOP