PHOTO REPORT 社会教育の未来を♥で語る ~前仙台市長&若者セッション~

 11月3日(祝・金)、日本青年館8階ブルールームで、講演会&交流会「社会教育の未来を♥で語る~前仙台市長&若者セッション~」が開催された。
 当日は、社会教育関係者など全51名が集まり、まずは前仙台市長の奥山恵美子さんの基調講演に耳を傾けた。

主催:一般財団法人日本青年館「社会教育」編集部
共催:おかえりなさい!奥山恵美子さん実行委員会/たま社会教育ネットワーク/学びのクリエーターになる!実行委員会/「社会教育」サポーターの会  “得る”Cafe  他

同イベントの詳報は、「社会教育」誌2018年1月号に掲載予定。

同イベントの告知ページ

前仙台市長の奥山さん クリックで拡大

第1部 基調講演 前仙台市長 奥山恵美子さん
「砂粒社会からおにぎり社会へ」

<概要>
・東日本大震災で感じたこと
・行政における社会教育→生涯学習→市民協働の変遷
・どんどん拡大する砂粒社会
・おにぎりをつくり試み
 

51名が集まった クリックで拡大

第2部 社会教育フューチャーセッション

小グループに分かれて話し合った

 

 第2部は、東京、多摩地域の社会教育に関心のある仲間たち、たま社会教育ネットワークによる「社会教育フューチャーセッション」。
 小グループによるワークショップ、くるま座になってのトークセッションなどが行われた。
 たま社会教育ネットワークがファシリテーターとなり、社会教育の現場に携わってきたベテラン実践者と、若手が和やかに意見交換した。
 その後は、喉をうるおしながらのおしゃべりタイム。名刺交換、自由な意見交換などが夜遅くまで行われた。

世代を超えて、意見交換を行った。

若手とベテランの実践者が交流した クリックで拡大

オープン座談会「おにぎり社会をいっしょにどうつくるか」

オープン座談会には14名が参加した クリックで拡大

 翌4日(土)の午前中は、オープン座談会「おにぎり社会をいっしょにどうつくるか」。

 前日の基調講演を受けて、奥山さんを交えて社会教育の今後についてなどを話し合った。

 

(取材:“得る”Cafe事務局:いとう啓子) 

Similar Posts:

関連記事

  1. 絵本・紙芝居の読み聞かせボランティア@東京都調布市

  2. 人を「本」に見立てて読書するイベント&暗闇カフェ@明大中野

  3. 講座「学びのクリエイターになる!」第12回「まとめ・発表」

  4. 巣箱を見て“みつばち”について学ぶ親子環境教室@東京調布市

  5. シンポジウム:ジオパークって何?地域で行うジオパークの活動

  6. 開催報告:子どもを取り巻く問題について学ぶ「Child Issue Seminar」@福岡、名古屋

  7. 多様な人が新しい空間を創造するWorkshop@横浜美術館

  8. 捨てられた食料はどこへ? リディラバ・スタディツアー その2

  9. フォトレポ:ケーキ箱の中にオリジナルの部屋を作るワークショップ@東京稲城

PAGE TOP