得るカフェ ソーシャル情報メディア ★みんなの生活を豊かにする★

『看護学部お助け隊』が高齢者の困りごとを解決 by京都橘大学

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

京都橘大学(京都市山科区) は、看護学部の学生たちが、12月2日(土)に京都市営醍醐中山団地で『看護学部お助け隊』として活動する。

 この取り組みは、看護学部の正課授業「プライマリケア実習」として行い、同大看護学部の学生約100人が、同団地の高齢者宅を訪問し、各戸から事前に聞き取った困りごとを住民と一緒に解決・支援する。

 住民にとっては、日々の生活上の困り事が解決し、普段接する機会の少ない若い世代と交流できる。
 また学生は、高齢者とのコミュニケーションを通じて、さまざまな生活スタイルを知り、看護職として対象者が求めるサポートを学ぶ。

 この取り組みは、京都市の「学まち連携大学」促進事業の助成を受けている。
 前回は6月3日(土)に実施。重い仏壇を移動させる、網戸を張り替える、一緒に買物に付き添うなど、日頃高齢者ができないことを学生たちが手伝い、参加したお年寄りからとても喜ばれた。

 醍醐中山団地事業では、同大と京都市、同団地町内連合会とが連携協定を締結し、京都市営醍醐中山団地の第11棟1階部分を無償で借り受け、「地域連携センター分室」を開設。学生や教員が住民の人たちとの交流や、子育て世帯や高齢者の支援等の地域貢献活動を行い、地域コミュニティの活性化に取り組んでいる。

【看護学部お助け隊 活動概要】
日時 2017年12月2日(土) 13:00~15:00 
場所 醍醐中山市営団地(集合は集会所)
京都橘大学側参加者
 看護学部学生(2回生)約100人
 看護学部教員3人
依頼者
 醍醐中山市営団地住民約25人(予定)

当日の流れ
 (1)集会所に参加者・依頼者が集合
 (2)担当学生の割り振り→依頼者宅を訪問
 (3)作業開始
 (4)終了後 集会所にて全員で休憩、歓談
 (5)撤収 終了

作業内容例
・普段なかなかできない箇所の掃除
・網戸の張り替え
・大型ごみの搬出   など

詳細はこちらへ

Similar Posts:

第16回「お金の不安」編その6「せつやく」“傷病手当金”

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去の投稿

Twitter

いとう@“得る”Cafe
@socialedums

  • 参加者募集:生物多様性増進活動・希少淡水魚保護についてのシンポジウム、大阪、淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク、10月20、21日 #絶滅危惧種 #SDGs #得るカフェ 淡水魚「イタセンパラ」って知ってますか?… https://t.co/yPSaJodykx
    about 12時間 ago
  • Post Edited: 音楽を通じて地域活性化 夢の音村「森の公民館」島根県 https://t.co/0d7UWYkXIK
    about 2日 ago
  • 学生が外国人観光客に書道をレクチャーする、東京台東区、東洋学園大学、英語で書道を教える! @和風の旅館  https://t.co/uLfeICLvG0 #インバウンド  #書道 #英語教育 #得るカフェ
    about 2日 ago
  • RT @levinassien: 豊洲市場が開場早々問題が出ているようですけれど、今の日本の公共的な建物の設計のひどさを見ていると「当然」という気がします。その場にいる人間の生身が何を感じるかということを全く勘案していない。その見本は東京駅のタクシー乗り場。遠距離バスとタクシー…
    about 2日 ago
  • 日本に来た外国人がドラッグストアで「神買い」するものランキング- TRiP EDiTOR https://t.co/B6p2OKwPrU
    about 2日 ago