<社会教育のポータルサイト> ★みんなが幸せになるような情報を発信しています★

『看護学部お助け隊』が高齢者の困りごとを解決 by京都橘大学

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

京都橘大学(京都市山科区) は、看護学部の学生たちが、12月2日(土)に京都市営醍醐中山団地で『看護学部お助け隊』として活動する。

 この取り組みは、看護学部の正課授業「プライマリケア実習」として行い、同大看護学部の学生約100人が、同団地の高齢者宅を訪問し、各戸から事前に聞き取った困りごとを住民と一緒に解決・支援する。

 住民にとっては、日々の生活上の困り事が解決し、普段接する機会の少ない若い世代と交流できる。
 また学生は、高齢者とのコミュニケーションを通じて、さまざまな生活スタイルを知り、看護職として対象者が求めるサポートを学ぶ。

 この取り組みは、京都市の「学まち連携大学」促進事業の助成を受けている。
 前回は6月3日(土)に実施。重い仏壇を移動させる、網戸を張り替える、一緒に買物に付き添うなど、日頃高齢者ができないことを学生たちが手伝い、参加したお年寄りからとても喜ばれた。

 醍醐中山団地事業では、同大と京都市、同団地町内連合会とが連携協定を締結し、京都市営醍醐中山団地の第11棟1階部分を無償で借り受け、「地域連携センター分室」を開設。学生や教員が住民の人たちとの交流や、子育て世帯や高齢者の支援等の地域貢献活動を行い、地域コミュニティの活性化に取り組んでいる。

【看護学部お助け隊 活動概要】
日時 2017年12月2日(土) 13:00~15:00 
場所 醍醐中山市営団地(集合は集会所)
京都橘大学側参加者
 看護学部学生(2回生)約100人
 看護学部教員3人
依頼者
 醍醐中山市営団地住民約25人(予定)

当日の流れ
 (1)集会所に参加者・依頼者が集合
 (2)担当学生の割り振り→依頼者宅を訪問
 (3)作業開始
 (4)終了後 集会所にて全員で休憩、歓談
 (5)撤収 終了

作業内容例
・普段なかなかできない箇所の掃除
・網戸の張り替え
・大型ごみの搬出   など

詳細はこちらへ

Similar Posts:

6月5日UP:第13回「お金の不安」編 その3「せつやく」

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

過去の投稿

Twitter

  • 空前の「猫ブーム」の裏に隠れた残酷な真実 後悔なく猫を飼うにはどうすればいいか? | ペット - 東洋経済オンライン https://t.co/dk0VwlgQTn @Toyokeizaiさんから
    about 1日 ago
  • 公開シンポジウム「人が育つということ」@大谷大学(京都市)、7月8日、荒瀬克己(大谷大学教授)、木越 康(大谷大学長) #大谷大学  https://t.co/cDLowMi5hB
    about 2日 ago
  • 参加者募集「21世紀の生涯学習~『人生100年時代』の新たな学びのかたち」、7月16日、敬愛大学、#学び直し 、社会人の #リカレント教育 #アクティブシニア   https://t.co/wyFWaVJouP
    about 3日 ago
  • RT @pdatwpw: 【ご報告】RPGエンターテインメントに所属した事が2件の記事に取り上げられました。人生初のニュースが悪いことじゃなくて良かった…笑 みんなの太陽になれるように頑張るので応援宜しくお願い致します。https://t.co/WFsVaicE7O http…
    about 3日 ago
  • 【SYNODOS】世界はフェイクニュースにどう立ち向かうか――諸外国のメディアリテラシー教育から学ぶ/耳塚佳代 / ライター https://t.co/43sVnzgsYk
    about 4日 ago