得るカフェ ソーシャル情報メディア ★みんなの生活を豊かにする★

『看護学部お助け隊』が高齢者の困りごとを解決 by京都橘大学

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

京都橘大学(京都市山科区) は、看護学部の学生たちが、12月2日(土)に京都市営醍醐中山団地で『看護学部お助け隊』として活動する。

 この取り組みは、看護学部の正課授業「プライマリケア実習」として行い、同大看護学部の学生約100人が、同団地の高齢者宅を訪問し、各戸から事前に聞き取った困りごとを住民と一緒に解決・支援する。

 住民にとっては、日々の生活上の困り事が解決し、普段接する機会の少ない若い世代と交流できる。
 また学生は、高齢者とのコミュニケーションを通じて、さまざまな生活スタイルを知り、看護職として対象者が求めるサポートを学ぶ。

 この取り組みは、京都市の「学まち連携大学」促進事業の助成を受けている。
 前回は6月3日(土)に実施。重い仏壇を移動させる、網戸を張り替える、一緒に買物に付き添うなど、日頃高齢者ができないことを学生たちが手伝い、参加したお年寄りからとても喜ばれた。

 醍醐中山団地事業では、同大と京都市、同団地町内連合会とが連携協定を締結し、京都市営醍醐中山団地の第11棟1階部分を無償で借り受け、「地域連携センター分室」を開設。学生や教員が住民の人たちとの交流や、子育て世帯や高齢者の支援等の地域貢献活動を行い、地域コミュニティの活性化に取り組んでいる。

【看護学部お助け隊 活動概要】
日時 2017年12月2日(土) 13:00~15:00 
場所 醍醐中山市営団地(集合は集会所)
京都橘大学側参加者
 看護学部学生(2回生)約100人
 看護学部教員3人
依頼者
 醍醐中山市営団地住民約25人(予定)

当日の流れ
 (1)集会所に参加者・依頼者が集合
 (2)担当学生の割り振り→依頼者宅を訪問
 (3)作業開始
 (4)終了後 集会所にて全員で休憩、歓談
 (5)撤収 終了

作業内容例
・普段なかなかできない箇所の掃除
・網戸の張り替え
・大型ごみの搬出   など

詳細はこちらへ

Similar Posts:

第19回「お金の不安」編その9「年金を増やす方法とは」

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

過去の投稿

Twitter

いとう@“得る”Cafe
@socialedums

  • ヒロシさんは、面白い人。BS朝日の「迷宮グルメ異郷の駅前食堂」はお気に入りの番組です。ヒロシがいい味だしてるー(^^)/ 芸人ヒロシがYouTubeに見つけた人生の神髄 「君も好きなことだけして生きていける」 | 「非会社員」の… https://t.co/OEyZh5dPbd
    about 2時間 ago
  • RT @ja4refugees: パリ発、難民による故郷の料理のケータリングサービス「レ・キュイスト・ミグラトゥール(移住した調理師)」。料理が得意な難民を調理師として雇い、イラン、シリア、エチオピア、ネパール、バングラデシュなど出身の10名が働き、リピーターが相次いでいるそう…
    about 14時間 ago
  • RT @masaki_kito: サラ金まがいの日本学生支援機構・遠藤勝裕理事長の肩書。元日本銀行の支店長であることにさらにびっくり。ただ昭和20年生まれの74歳? いい理性ある大人がサラ金まがいとは日本も世の末です> https://t.co/iRcpwkgVj3
    about 22時間 ago
  • 子どもたちが街をつくり運営する「キッズビジネスタウンRいちかわ」が開催される。千葉県市川市、 #まちづくり #キャリア教育 #ビジネス教育 https://t.co/HGfRMGC5YC
    about 1日 ago
  • 猫はけっこう強いにゃ。それに、指図されるのが嫌いでマイペース。かわいいだけじゃないにゃ #猫の日 https://t.co/p1I2Df31uZ
    about 1日 ago