参加者募集:北海道の生物多様性を守る、新しい力 ~きたネットフォーラム2017

 NPO法人北海道市民環境ネットワークと一般財団法人セブン-イレブン記念財団は、12月9日(土)に「北海道の生物多様性を守る、新しい力~きたネットフォーラム2017 森、川、海、自然が人を育て、人が自然を活かす~知床の事例を中心に~」を開催する。

 今年は、北海道大学大学院農学研究院の中村太士教授が登壇し、知床の取組みを学びながら、次世代の環境保全を担う地域の力を育てていくために、何を学び、どんな支援を行っていくべきなのかを考えていく。
 午後は生物多様性・森林保全活用・環境教育の各テーマで、3つの分科会を開催する。地域で活躍する次世代リーダーや新しい取組みを実践している団体などが活動内容を発表する。

北海道の生物多様性を守る、新しい力
~きたネットフォーラム2017
森、川、海、自然が人を育て、人が自然を活かす~知床の事例を中心に~
概要
基調講演
森・川・海・人の繋がりで、北海道の生物多様性を守る 
 講師 中村 太士 (北海道大学大学院農学研究院教授)

パネルディスカッション
 北海道の森と生態系を次世代へ~地域デザインと人の役割
 コーディネータ/中村太士
パネリスト
 池上美穂 (知床羅臼観光協会 事務局長) 
 尾前幸太郎 (北海道森林管理局計画課 課長)
 山中正実(斜里町立知床博物館 館長)
 金子正美 (酪農学園大学環境GIS研究室 教授・きたネット理事長)

特別企画・札幌報告会!
 「しれとこ100平方メートル運動40年 成果、そして、これから」
 報告者 斜里町総務部環境課自然環境係 玉置 創司

分科会 環境保全の新しい形、担い手たち
 分科会A 生物多様性保全
 新たな担い手をどう生み出すか

 分科会B 森林保全・活用
 私が生きる森!森を生業とする新リーダー育成のために

 分科会C 環境教育
 自然体験学習を通じて、子どもの社会課題に向き合う

伝え、拡げるために 全体情報交換会
話題提起「STOP!えさやり 知床ヒグマえさやり禁止キャンペーン」について他

日時 12月9日(土)10:00〜17:30
会場 札幌エルプラザ2F 環境研修室
 (札幌市北区北8条西3丁目)
参加費 きたネット会員・学生/午前700円・午後300円 一般/午前800円・ 午後500円
事前申し込み制

詳細&申込はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 参加者募集:セミナー「SDGsから考える地域における協働」@大阪

  2. 子供向け楽しい防災イベント「カエルキャラバン」

  3. 参加者募集:みどりの市民活動現場視察&交流会@東京府中

  4. 参加者募集:防災講演会「熊本地震の教訓について~被災地から伝えたいこと~」@千葉商科大学

  5. 参加者募集:震災から9年、福島の今とこれからを考えるシンポジウム@早稲田大学

  6. 参加者募集:食品ロス削減!「無料スーパー」見学ツアー@東京多摩市

  7. 日中環境問題サロン2016@大阪市

  8. 持続可能未来都市

    持続可能な都市を目指して「未来都市研究機構キックオフシンポジウム」@東京

  9. 竹でテント作り&焚火や星を楽しむ「THEバンブーキャンプ」@大阪

PAGE TOP