全国農林水産物直売サミット@愛媛県松山市

 第16回 全国農林水産物直売サミットが「産直王国・愛媛で考える、直売所の持続的な経営」というテーマで2018年2月1日(木)~2日(金)に開催される。
 今回は、柑橘の大産地であり、産直王国としても知られる特産品開発や6次産業化の先進地愛媛県で開催される。テーマは「直売所の持続的な経営」。
 地域に根差した農林水産物直売所が、将来にわたり健全な経営を進めて行くための方策を探る。

 主催は(一財)都市農山漁村交流活性化機構。

日程 2018年2月1日(木)~2日(金)
費用 全行程参加16,000円
(参加費4,000円 交流会費5,000円 現地視察費7,000円)
開催場所 
1日目:松山全日空ホテル 本館4階「ダイヤモンドボールルーム」
 愛媛県松山市一番町3-2-1
2日目の農林水産物直売所の視察は4コースから選択する

概要
1日目
講演「地域農業振興の拠点として ~「さいさいきて屋」の挑戦~
 JAおちいまばり 直販開発課 課長兼店長(愛媛県今治市) 木原嘉文

話題提供
「愛媛県における産直施設と道の駅の可能性」
 (株)いよぎん地域経済研究センター

「全国農林水産物直売所実態調査から見える、直売所の今」平成29年度に実施した全国直売所実態調査の概要報告
  (一財)都市農山漁村交流活性化機構

直売所事例紹介
1、海産物直売で、新たな需要を創出」 
 (株)道の駅むなかた 営業部長(福岡県宗像市) 工藤達哉  

2、「大型店でもできる地場産率100%」 
 ええじゃん尾道(JA尾道市) 店長 考査役(広島県) 吉原 徹

3、「地域ぐるみ直売所の長続きの秘訣」
 内子フレッシュパークからり 総務課長(愛媛県内子町)木下博子

4、「学校給食など地産地消拠点施設の直売所」
 たいき産直市「愛たい菜」(JA愛媛たいき)店長(愛媛県大洲市) 宮岡寛樹

2日目 現地視察

プログラム等の詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 募集中:都市と農山漁村の交流を盛んにする活動「オーライ!ニッポン大賞」

  2. 空き家・部屋、空き店舗利用からまちの活性化「MAD City」@千葉県松戸市

  3. ネオ県人会のイベント「出身地Day2017」@東京

  4. 参加者募集:学生と社会人による対話と思考の場@宇都宮大学

  5. 地方を目指す若者に、島根県の人気が急上昇

  6. 参加者募集:セミナー・地域資源を生かした体験型観光で地域活性化(徳島県西部)@東京

  7. 「イノシシで地域を活性化」コミュニティ・ビジネスセミナー

  8. 地域活性化に新しい視点を考える「コミュニティビジネス講座」@新潟県長岡市

  9. セミナー「地元のおばあさんの味の農家レストランで元気な過疎地に」by 都市農山漁村交流活性化機構

PAGE TOP