講演会「創作と翻訳の大海を航く-角田光代の言葉の世界」@学習院大学

 学習院大学文学部英語英米文化学科(東京都豊島区)では、12月13日(水)に講演会「創作と翻訳の大海を航く―角田光代の言葉の世界」を開催する。

 『八日目の蝉』や『紙の月』で知られ、『源氏物語』の現代語訳にも取り組んでいる作家・角田光代氏と、翻訳家・書評家の鴻巣友季子氏が、創作と翻訳について話しあう。

「創作と翻訳の大海を航く―角田光代の言葉の世界」
日時 2017年12月13日(水)18:00-19:30
場所 学習院大学 中央教育研究棟3階301教室
(東京都豊島区目白1-5-1)
入場無料、申し込み不要

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 漫画ゴールデンカムイ関係者も:アイヌ文化を楽しむ「第8回ウレシパ・フェスタ」@札幌 

  2. 参加者募集:社会の課題に向き合う演劇ワークショップ@東京芸術劇場

  3. 開催報告:3Dレプリカの動物の骨に触れるセミナー@麻布大学いのちの博物館

  4. 「名曲オペラ鑑賞」解説付き@千葉商科大学

  5. 元日から開館する沖縄県立博物館・美術館

  6. 新聞バッグ

    新聞紙でバッグをつくる「しまんと新聞ばっぐ」ワークショップ

  7. 参加者募集:絵本読み聞かせ&フルート・ピアノのミニコンサート@東京稲城

  8. アートで人と地域をつなぐ、アートプロジェクトと美術館のこれまでとこれから@東京上野

  9. 連休企画「昭和レトロな博物館」@浜松市博物館

PAGE TOP