全日本留学生 日本語スピーチコンテスト@東京渋谷

 日本経済大学(東京都渋谷区)は、12月20日(水)、「全日本留学生 日本語スピーチコンテスト」を開催する。

 これは、留学生が日頃の成果を発揮し、また国籍や学校を越えた理解と交流の場として開催しているもので、東日本大震災のあった2011年に始まり、今年で7回目となる。

 今回も国境や大学の壁を越え、作文と動画による審査を13名が勝ち抜き、決勝へと進んだ。

 12月20日(水)に渋谷区文化総合センター大和田さくらホールにて決勝大会が開催される。。

「第7回 全日本留学生 日本語スピーチコンテスト」
概要
日時
2017年12月20日(水)13:00~16:00
会場 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
 東京都渋谷区桜丘町23-21(渋谷駅から徒歩4分)
入場無料

テーマ
 (1)国際理解・協力・交流、世界平和などに関するもの
 (2)祖国と日本の経済・産業の発展や産業人材の育成に関するもの

出場者プロフィール】(敬称略。名前と国籍、所属、スピーチタイトルを掲載)

・張 典(チョウ テン)(中国)龍谷大学
 「日中友好に果たす私たちの役割」

・ドウニョン チョトンノボ ゴッドフリッド(ベナン)京都大学大学院
 「留学生としての私の京都での小さな経験」

・グエン ティ トゥイ(ベトナム)同志社大学
 「日本化するベトナム」

・ホッサエン エムデー カビル(バングラデシュ)日本経済大学・福岡キャンパス
 「バングラデシュをよろしく!」

・孫 静(ソン セイ)(中国)日本経済大学・神戸三宮キャンパス
 「”勿体無い”の国・日本から始まる再生エネルギーの夢」

・トラン トゥ アン(ベトナム)流通経済大学
 「平和の出来事」

・バンダリ マニサ(ネパール)日本経済大学・東京渋谷キャンパス
 「異文化’新’交流クラブ」

・ジミー ヤン(中国)早稲田大学
 「言葉―世界を変えうる魔法の力」

・呉 湘(ゴ ショウ)(中国)新潟大学大学院
 「理解・勉強・変化」

・咸 勝勲(ハム スンフン)(韓国)東京外国語大学
 「韓国人、日本人とどうやって一緒に働く?」

・ウィムクティ マーダウィ(スリランカ)別府溝部学園短期大学
 「一粒の種になりたい」

・沈 吉頴(シン キツエイ)(中国)大阪大学
 「真の『理解』とは」

・タムスハン オゲン サンガン(ネパール)日本経済大学・神戸三宮キャンパス
 「裸の王様」

各賞
○外務大臣賞
 (副賞)奨学金 30万円
○特別賞
 全国日本語学校連合会賞 (副賞)奨学金 10万円
 日本文明研究所賞 (副賞)奨学金 10万円
 紀伊国屋書店賞 (副賞)奨学金 10万円
 オーディエンス賞 (副賞)奨学金 10万円
○敢闘賞
 (副賞)奨学金 5万円

詳細はこちらへ

関連記事

  1. 書籍紹介:演劇ワークショップでつながる子ども達–多文化・多言語社会に生きる

  2. 講演情報:「世界をつなぐことばの力」@東京外語大

  3. 学生がベトナムの幼稚園で調査&交流 by東京家政学院大学

  4. 参加者募集:「ロヒンギャ難民」緊急連続シンポジウム@聖心女子大

  5. 参加者募集:オンライン講座「多文化社会へのまなざし」

  6. 参加者募集:本場イギリスの講師によるドラマワークショップ@岐阜県

  7. 6月20日世界難民の日:UNHCRがオンライン音楽イベントを開催

  8. 高校生が車いすでバリアフリーマップを作る「ブレーメンの調査隊」@東京都世田谷

  9. 第12回国連UNHCR難民映画祭2017-学校パートナーズ上映会@テンプル大学日本校(東京都港区)

PAGE TOP