得るカフェ ソーシャル情報メディア ★みんなの生活を豊かにする★

特別展「『老い』へのまなざし-国家と家における高齢者福祉の歴史-」@淑徳大学

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 淑徳大学アーカイブズ(千葉市中央区)では、平成29年度特別展「『老い』へのまなざし―国家と家における高齢者福祉の歴史―」を2018年4月27日(金)まで開催している。

 現代の社会福祉制度が成立する以前の高齢者対策の流れを、国家および支配者と家族や地域社会という二つの視点から取り上げ、「老い」の意味について考える展示ととなっている。

 同特別展では、現代の社会福祉制度が成立する以前の古代から明治期にいたる高齢者対策の流れを、国家および支配者の視点とともに、家族や地域社会の視点という二つの視点から取り上げている。
 特に、それぞれの時代において高齢者がどのような存在として捉えられていたのか、また高齢者福祉の担い手が時代とともにどのように変化していたのか、といった問題に焦点を当てることで、「老い」の意味を考えていく。

平成29年度特別展
「『老い』へのまなざし―国家と家における高齢者福祉の歴史―」
会場 淑徳大学千葉キャンパス 淑水記念館3階
「淑徳大学アーカイブズ特別展示室」(千葉県千葉市中央区大巌寺町200 )
期間 2017年10月28日(土)~2018年4月27日(金)
(土・日祝日・大学が定めた休日(年末年始等)を除く)
※ただし、展示替えや大学の行事等により臨時に閉室する場合がある。詳しくは淑徳大学アーカイブズサイトへ。
時間 10時~16時
入場無料

詳細はこちらへ

Similar Posts:

第16回「お金の不安」編その6「せつやく」“傷病手当金”

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去の投稿

Twitter

いとう@“得る”Cafe
@socialedums

  • Post Edited: 音楽を通じて地域活性化 夢の音村「森の公民館」島根県 https://t.co/0d7UWYkXIK
    about 16時間 ago
  • 学生が外国人観光客に書道をレクチャーする、東京台東区、東洋学園大学、英語で書道を教える! @和風の旅館  https://t.co/uLfeICLvG0 #インバウンド  #書道 #英語教育 #得るカフェ
    about 16時間 ago
  • RT @levinassien: 豊洲市場が開場早々問題が出ているようですけれど、今の日本の公共的な建物の設計のひどさを見ていると「当然」という気がします。その場にいる人間の生身が何を感じるかということを全く勘案していない。その見本は東京駅のタクシー乗り場。遠距離バスとタクシー…
    about 16時間 ago
  • 日本に来た外国人がドラッグストアで「神買い」するものランキング- TRiP EDiTOR https://t.co/B6p2OKwPrU
    about 18時間 ago
  • Let's do it ! [P]が長すぎるのは、今に会わない! 日本が世界から劣後する一因が「PDCA」のやり過ぎ 世界は「デザイン思考」にシフト(井上久男) - Y!ニュース https://t.co/MRfvioNfM7
    about 18時間 ago