<社会教育のポータルサイト> ★みんなが幸せになるような情報を発信しています★

特別展「『老い』へのまなざし-国家と家における高齢者福祉の歴史-」@淑徳大学

LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 淑徳大学アーカイブズ(千葉市中央区)では、平成29年度特別展「『老い』へのまなざし―国家と家における高齢者福祉の歴史―」を2018年4月27日(金)まで開催している。

 現代の社会福祉制度が成立する以前の高齢者対策の流れを、国家および支配者と家族や地域社会という二つの視点から取り上げ、「老い」の意味について考える展示ととなっている。

 同特別展では、現代の社会福祉制度が成立する以前の古代から明治期にいたる高齢者対策の流れを、国家および支配者の視点とともに、家族や地域社会の視点という二つの視点から取り上げている。
 特に、それぞれの時代において高齢者がどのような存在として捉えられていたのか、また高齢者福祉の担い手が時代とともにどのように変化していたのか、といった問題に焦点を当てることで、「老い」の意味を考えていく。

平成29年度特別展
「『老い』へのまなざし―国家と家における高齢者福祉の歴史―」
会場 淑徳大学千葉キャンパス 淑水記念館3階
「淑徳大学アーカイブズ特別展示室」(千葉県千葉市中央区大巌寺町200 )
期間 2017年10月28日(土)~2018年4月27日(金)
(土・日祝日・大学が定めた休日(年末年始等)を除く)
※ただし、展示替えや大学の行事等により臨時に閉室する場合がある。詳しくは淑徳大学アーカイブズサイトへ。
時間 10時~16時
入場無料

詳細はこちらへ

Similar Posts:

6月5日UP:第13回「お金の不安」編 その3「せつやく」

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

過去の投稿

Twitter

  • 演劇公演、戦後、浮浪者の自力更生に奔走した人々の物語、「アリの街のマリアとゼノさん」6月23日、24日、台東区浅草  #アリの街  #ゼノさん #北原怜子 #エンターテイメントユニット自由の翼… https://t.co/utH4SJrRXW
    about 11時間 ago
  • RT @hasshutwitt: 移民政策の矛盾だらけ、または認識の程度。ここでしっかりと読んでいきたいな。 シェアのリンク、みんなのためにお金払っといたよー https://t.co/jIakyQ9UbP
    about 16時間 ago
  • 空前の「猫ブーム」の裏に隠れた残酷な真実 後悔なく猫を飼うにはどうすればいいか? | ペット - 東洋経済オンライン https://t.co/dk0VwlgQTn @Toyokeizaiさんから
    about 2日 ago
  • 公開シンポジウム「人が育つということ」@大谷大学(京都市)、7月8日、荒瀬克己(大谷大学教授)、木越 康(大谷大学長) #大谷大学  https://t.co/cDLowMi5hB
    about 3日 ago
  • 参加者募集「21世紀の生涯学習~『人生100年時代』の新たな学びのかたち」、7月16日、敬愛大学、#学び直し 、社会人の #リカレント教育 #アクティブシニア   https://t.co/wyFWaVJouP
    about 3日 ago