横浜美術大学の学生が老人ホームで作品展を開催

 横浜美術大学の学生有志による作品展「HOT WINTER」展が、横浜市青葉台にある有料老人ホーム「メディカルホームくらら青葉台」にて開催されている。

 この学生作品の展示は2012年からスタートし今回で6回目。同施設の冬の風物詩として定着、入居者の皆様に喜ばれている。

 今回は8コース70人の学生が参加、作品数は127点となった。展示作品は安全性はもちろんのこと、入居者がほっとできるような色彩や形などを考慮して選定された。
 近年はボランティア講座の受講学生が展示を担当するなど、この企画に関わる学生も増え、地域貢献活動が広がっている。

期間 2017年12月7日(木)~2018年1月17日(水)
会場 有料老人ホーム「メディカルホームくらら青葉台」
(神奈川県横浜市青葉区青葉台2丁目30-1)

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. レポート:台風にも負けず「みんなでつくる文化祭」開催

  2. 認知症サポーター養成講座

    地域で支える認知症サポーター養成講座@埼玉県越谷市

  3. 参加者募集:「看護フェスタ2019」測定コーナー、健康相談など@聖徳大学

  4. 参加者募集:認知症サポーターが活躍する“認知症カフェ”について学ぶ講座

  5. 高齢者と住民がふれあう「地域交流ホームふれて」@北広島市

  6. シニアいきがいマッチング企画「シニアと団体つながり広場」@兵庫県三田市

  7. 参加者募集:知って得する『健康』『終活』セミナー@東京調布

  8. 博物館や資料館で実施。懐かしいもので高齢者の脳を活性化する「地域回想法」

  9. 参加者募集:シンポ「人生100年時代を豊かに活きるためのICTの可能性」@東京家政大学

PAGE TOP