奈良絵本・絵巻の展示会@聖徳大学

 聖徳大学(千葉県松戸市)の聖徳博物館で、奈良絵本・絵巻の展示会が行わている。

 奈良絵本・絵巻とは、室町時代後期から江戸時代にかけて制作された手作りの美しい絵本や絵巻のことで、御伽草子(おとぎぞうし)や物語、随筆など様々なテーマで描かれている。

チラシ クリックで拡大

 内容を述べる詞書(ことばがき・文章)と、それに対応する挿絵が交互に配列され、まさに現代の絵本の原点ともいえる。

 同展覧会では、聖徳大学が収蔵している奈良絵本・絵巻コレクションの中から『浦島太郎』、『伊勢物語』、『竹取物語』など、馴染みの深い題材の作品が展示公開される。

聖徳大学収蔵名品展 奈良絵本・絵巻
会期 2018年4月1日(日)~ 7月28日(土)
   2018年9月3日(月)~11月30日(金)
時間 9:00~17:00
(休館:毎日曜日・祝日と学業日程による休業日
観覧料無料

詳細はこちらへ

クリックで拡大

関連記事

  1. 開催報告:3Dレプリカの動物の骨に触れるセミナー@麻布大学いのちの博物館

  2. 子ども歴史展示コーナー「体験しよう!いろんな道具」@品川歴史館

  3. 展覧会:イギリスで描かれた幕末・明治/英国ヴィクトリア朝の絵本@聖徳大学

  4. 写真展と講演会:アフリカンフェスティバル2018@共立女子大学

  5. 夏休み子ども向けオンラインワークショップ:アニメを作って音を表現する

  6. レポート:障害特性をアートに換えて生きる@東京銀座

  7. あだち区民大学塾

    特別講演会「浮世絵で知る『美人画』の魅力」あだち区民大学塾

  8. 参加者募集:自分史まつり2019@江戸東京博物館

  9. 参加者募集:講座「本の世界を感じてみよう」@横浜市青葉区

PAGE TOP