奈良絵本・絵巻の展示会@聖徳大学

 聖徳大学(千葉県松戸市)の聖徳博物館で、奈良絵本・絵巻の展示会が行わている。

 奈良絵本・絵巻とは、室町時代後期から江戸時代にかけて制作された手作りの美しい絵本や絵巻のことで、御伽草子(おとぎぞうし)や物語、随筆など様々なテーマで描かれている。

チラシ クリックで拡大

 内容を述べる詞書(ことばがき・文章)と、それに対応する挿絵が交互に配列され、まさに現代の絵本の原点ともいえる。

 同展覧会では、聖徳大学が収蔵している奈良絵本・絵巻コレクションの中から『浦島太郎』、『伊勢物語』、『竹取物語』など、馴染みの深い題材の作品が展示公開される。

聖徳大学収蔵名品展 奈良絵本・絵巻
会期 2018年4月1日(日)~ 7月28日(土)
   2018年9月3日(月)~11月30日(金)
時間 9:00~17:00
(休館:毎日曜日・祝日と学業日程による休業日
観覧料無料

詳細はこちらへ

クリックで拡大

Similar Posts:

関連記事

  1. 新聞バッグ

    新聞紙でバッグをつくる「しまんと新聞ばっぐ」ワークショップ

  2. パレスチナの子どもたちのアート展@金沢湯涌創作の森

  3. 砂浜美術館で地域を元気に@高知県黒潮町

  4. アールブリュット東京コレクション開催情報

  5. 企画展「農村の信仰―世田谷いまむかし―」@駒澤大学禅文化歴史博物館

  6. 展示会:戦後の日本獣医界を立て直した越智勇一@麻生大学

  7. 学生が外国人観光客に書道をレクチャー@東京台東区

  8. イベント情報:トークライブ「鷲田清一とともに考える」@仙台

  9. 学生主体の環境イベント『じゅんぐり祭』@武蔵野大学有明キャンパス

PAGE TOP