奈良絵本・絵巻の展示会@聖徳大学

 聖徳大学(千葉県松戸市)の聖徳博物館で、奈良絵本・絵巻の展示会が行わている。

 奈良絵本・絵巻とは、室町時代後期から江戸時代にかけて制作された手作りの美しい絵本や絵巻のことで、御伽草子(おとぎぞうし)や物語、随筆など様々なテーマで描かれている。

チラシ クリックで拡大

 内容を述べる詞書(ことばがき・文章)と、それに対応する挿絵が交互に配列され、まさに現代の絵本の原点ともいえる。

 同展覧会では、聖徳大学が収蔵している奈良絵本・絵巻コレクションの中から『浦島太郎』、『伊勢物語』、『竹取物語』など、馴染みの深い題材の作品が展示公開される。

聖徳大学収蔵名品展 奈良絵本・絵巻
会期 2018年4月1日(日)~ 7月28日(土)
   2018年9月3日(月)~11月30日(金)
時間 9:00~17:00
(休館:毎日曜日・祝日と学業日程による休業日
観覧料無料

詳細はこちらへ

クリックで拡大

Similar Posts:

関連記事

  1. 連休中、池袋でアニメを〈読む・観る・語る・創る〉参加無料イベントを開催

  2. アールブリュット障害者芸術

    障がい者向けアート能力開発教室 byワークス・アールブリュット推進協議会

  3. 東京都美術館90周年イベント 美術館の歴史と未来を学ぶ

  4. アートにおける共感づくりを学ぶ-ファンドレイジング講座@福岡県

  5. シンポジウム「感性を育む~sportsとcultureを貫くもの~」@大阪国際大学

  6. 参加者募集:絵本読み聞かせ&フルート・ピアノのミニコンサート@東京稲城

  7. 参加者募集:講演「西郷、龍馬、松陰と明治維新150年」&クラシック演奏会@聖徳大学

  8. 季節やコロナネタも!川柳クラブの作品が届きました

  9. 展示会:戦後の日本獣医界を立て直した越智勇一@麻生大学

PAGE TOP