奈良絵本・絵巻の展示会@聖徳大学

 聖徳大学(千葉県松戸市)の聖徳博物館で、奈良絵本・絵巻の展示会が行わている。

 奈良絵本・絵巻とは、室町時代後期から江戸時代にかけて制作された手作りの美しい絵本や絵巻のことで、御伽草子(おとぎぞうし)や物語、随筆など様々なテーマで描かれている。

チラシ クリックで拡大

 内容を述べる詞書(ことばがき・文章)と、それに対応する挿絵が交互に配列され、まさに現代の絵本の原点ともいえる。

 同展覧会では、聖徳大学が収蔵している奈良絵本・絵巻コレクションの中から『浦島太郎』、『伊勢物語』、『竹取物語』など、馴染みの深い題材の作品が展示公開される。

聖徳大学収蔵名品展 奈良絵本・絵巻
会期 2018年4月1日(日)~ 7月28日(土)
   2018年9月3日(月)~11月30日(金)
時間 9:00~17:00
(休館:毎日曜日・祝日と学業日程による休業日
観覧料無料

詳細はこちらへ

クリックで拡大

Similar Posts:

関連記事

  1. 音楽・アート・気功・書道「みんなで遊ぼう!アートサーカス」@神戸市東灘区

  2. シンポジウム「感性を育む~sportsとcultureを貫くもの~」@大阪国際大学

  3. クリエーターのインタビュー集:書籍『響く言葉』by東京工科大学

  4. 欧州博物館フォーラム、社会貢献した博物館を表彰

  5. 参加者募集:社会の課題に向き合う演劇ワークショップ@東京芸術劇場

  6. 浮世絵展示会&講演会「浮世絵から見る江戸・明治の風俗」@目白大学新宿図書館

  7. 第18回目白学園遺跡フェスタ@東京都新宿区

  8. 障害者アートで国際交流@和歌山県御坊市

  9. アートで人と地域をつなぐ、アートプロジェクトと美術館のこれまでとこれから@東京上野

PAGE TOP