公開講演会「7年目の福島-いま、私たちが考えなければならないこと」@成蹊大学

 成蹊大学アジア太平洋研究センターは、1月20日(土)に公開講演会「7年目の福島-いま、私たちが考えなければならないこと」を開催する。

 講師に、書籍『原発とは結局何だったのか いま福島で生きる意味』『この国はどこで間違えたのか~沖縄と福島から見えた日本』『福島再生~その希望と可能性』などを発表している清水修二氏(福島大学名誉教授)を迎え、7年目を迎える福島の実状と現在の課題について共有し、福島再生の希望と可能性について考えていく。

2017年度公開講演会
<7年目の福島-いま、私たちが考えなければならないこと>

開催日 2018年1月20日(土)
会場 成蹊大学5号館101教室
時間 10:30~12:00
参加費無料、申し込み不要

講演者
清水 修二 福島大学名誉教授

~成蹊大学アジア太平洋研究センター~
 中江 桂子(所長・文学部教授)
 惠羅 さとみ(主任研究員)
 上原 こずえ(特別研究員)
 武田 悠(特別研究員)

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. NPOフォーラム

    NPOフォーラム「新しい価値観をつくる」@東京

  2. シンポジウム『メディアで起き始めた#Me Too  声をあげられる社会をつくるために』@東京

  3. 【おすすめ本】ぴっかりカフェの松ユリさん著「学校図書館はカラフルな学びの場」

  4. ニュースサイト「知の世界地図」オープンby京都産業大学

  5. 3.11を忘れない ~被災地の課題を考える@東京都文京区

  6. 社会課題ツアー

    社会課題の現場を訪れるスタディツアー開催

  7. 参加者募集:カレーライスを本当に作るプロジェクト@大阪府豊中市

  8. 地域と地域をつなぐフリーペーパー「〇〇と鎌倉」創刊

  9. 日本財団CANPANプロジェクト

    シンポジウム「日本の市民社会とこれからの草の根活動を考える」@東京

PAGE TOP