バングラデッシュの村の騒動を描いた映画上映会@国立民族学博物館

 国立民族学博物館(大阪府吹田市)は、2009年度から、研究者による解説付きの上映会「みんぱくワールドシネマ」を実施している。

 9年目の今期は<人類の未来>をキーワードに、映画上映を展開している。

 今回はバングラデシュ映画「テレビジョン」。厳格なイスラームを遵守するバングラデシュの小さな村の騒動を通して、宗教と現代文明のあり方を考える。

開館40周年記念 みんぱくワールドシネマ
映像から考える<人類の未来>
第39回上映会 「テレビジョン」

司会 菅瀬晶子(国立民族学博物館准教授)
解説 南出和余(桃山学院大学国際教養学部准教授)

日時 2018年2月10日(土)13:30~16:30
場所 国立民族学博物館 講堂
 (大阪府吹田市千里万博公園10-1)
定員 450名
※入場整理券を11:00から講堂前(本館2F)にて配布。事前申込は不要。
要展示観覧券(一般 420円)
主催 国立民族学博物館
協力 東京外国語大学

詳細はこちらへ

Similar Posts:

関連記事

  1. 上映会:外国につながる青少年のドキュメンタリー映画「Journey to be continued」…

  2. 老い、介護、認知症…を描くインド映画「あるがままに」上映会@東京外語大

  3. 書籍紹介:「ホップステップキャンプ」地域で育む「生きる力」梶恵一著

  4. 参加者募集:外国につながる青少年のドキュメンタリー映画上映会

  5. 映画の市民上映会でコミュニティづくり

  6. 多文化、多国籍な人々の共生を考える映画「バベルの学校」

  7. 第12回国連UNHCR難民映画祭2017-学校パートナーズ上映会@テンプル大学日本校(東京都港区)

  8. 映画「ソニータ」国際ガールズ・デー全国上映キャンペーン

  9. 創価大学「国連UNHCR難民映画祭-学校パートナーズ」として映画「シリアに生まれて」を上映

PAGE TOP