バングラデッシュの村の騒動を描いた映画上映会@国立民族学博物館

 国立民族学博物館(大阪府吹田市)は、2009年度から、研究者による解説付きの上映会「みんぱくワールドシネマ」を実施している。

 9年目の今期は<人類の未来>をキーワードに、映画上映を展開している。

 今回はバングラデシュ映画「テレビジョン」。厳格なイスラームを遵守するバングラデシュの小さな村の騒動を通して、宗教と現代文明のあり方を考える。

開館40周年記念 みんぱくワールドシネマ
映像から考える<人類の未来>
第39回上映会 「テレビジョン」

司会 菅瀬晶子(国立民族学博物館准教授)
解説 南出和余(桃山学院大学国際教養学部准教授)

日時 2018年2月10日(土)13:30~16:30
場所 国立民族学博物館 講堂
 (大阪府吹田市千里万博公園10-1)
定員 450名
※入場整理券を11:00から講堂前(本館2F)にて配布。事前申込は不要。
要展示観覧券(一般 420円)
主催 国立民族学博物館
協力 東京外国語大学

詳細はこちらへ

関連記事

  1. 映画紹介:海洋汚染、ゴミ問題を考える『プラスチックの海』

  2. 自然エネルギーについて学ぶ映画「日本と再生-光と風のギガワット作戦-」上映会

  3. 映画紹介:子ども食堂を描いた「こどもしょくどう」

  4. 2019年アクセス数1位!映画「シード~生命の糧~」種子の支配による環境破壊を考える

  5. 映画「父の結婚」「グッバイ・マーザー」上映会&公開講座@日本映画大学

  6. 第12回国連UNHCR難民映画祭2017-学校パートナーズ上映会@テンプル大学日本校(東京都港区)

  7. 地域連携映画

    日本映画大学による地域連携映画上映会@山梨県西八代郡

  8. クリエーターのインタビュー集:書籍『響く言葉』by東京工科大学

  9. 書籍紹介「人生100年、自分の足で歩く」歩く、坐る、寝るを見直そう

PAGE TOP